161119wakayamananbu

国内地震 発生地震

2016年11月19日和歌山県南部でM5.4・震度4の地震が発生、南海トラフや中央構造線との関連は

Pocket

 
11月19日11:48に和歌山県南部を震源とするM5.4の地震が発生し三重県や大阪府、それに奈良県、和歌山県でそれぞれ震度4を観測するなど広範囲で強い揺れが広がった。(画像はYahoo!天気・災害より)

和歌山県南部でM5.4・震度4の地震が発生

和歌山県南部で沖田地震の震源は深さ約50kmで内陸部であることから所謂直下型の地震であった。

日本国内で震度4以上を記録したのは11月12日の宮城県沖M5.8・震度4以来1週間ぶり、またM5以上の地震も同じ11月12日の与那国島近海M5.3以来1週間ぶりである。

和歌山県南部を震源とする震度4以上の地震は前回が2011年2月21日のM4.9・震度4でおよそ5年9ヶ月ぶり、M5以上としては2006年8月22日のM5.1・震度2以来約10年ぶりのことだった。

今回の地震は震源の位置から2つのポイントで注目されそうだ。まずひとつが中央構造線に近いという点。そしてもうひとつが南海トラフとの関連である。

中央構造線付近で続く地震

4月の平成28年熊本地震が中央構造線上で起きていたことから、その後関東に至る中央構造線付近で地震が続発する懸念が囁かれたが、11月に入りその傾向が加速してきたようにも思える。これについては11月10日に紹介したが(関連記事参照)今回を含めこれだけ起きているためだ。

11月03日20:50 M3.0 震度1 愛媛県南予
11月05日13:45 M3.3 震度1 伊予灘
11月08日21:43 M4.2 震度2 茨城県沖
11月09日07:09 M3.1 震度1 千葉県北東部
11月09日15:14 M3.0 震度1 豊後水道
11月09日15:37 M2.7 震度1 紀伊水道
11月10日03:55 M3.3 震度1 埼玉県南部
11月10日11:31 M2.7 震度1 長野県中部
11月11日00:44 M1.9 震度1 薩摩半島西方沖
11月11日13:54 M4.8 震度1 伊勢湾
11月15日01:15 M4.6 震度3 茨城県沖
11月19日11:48 M5.4 震度4 和歌山県南部

中央構造線上で連動した地震としては1596年にわずか数日間の間にM7以上が3回も発生した慶長伊予地震(9月1日・M7.0)、慶長豊後地震(9月4日・M7.8)、慶長伏見地震(9月5日・M7.1)が代表的な例として挙げられるが、今後似たような展開にならないとは限らないため、M5を超えてきた今回の地震の影響が中央構造線断層帯に影響を及ぼさないかどうか、注視する必要があると言える。

南海トラフ巨大地震との関連は?

そしてもう一つが南海トラフとの関連だ。今回の地震では南海トラフの前兆であるかどうかが関心の焦点になっているが、前兆であることを示す具体的な根拠は今のところない。しかし、和歌山県南部における過去の地震を見てみると、昭和東南海地震や昭和南海地震の前後に地震が増加していたという気になるデータも見つかった。

1926年以降、1944年12月07日の昭和東南海地震(M7.9)までの間に12回しか有感地震が起きていなかった和歌山県南部は、昭和東南海地震の翌日から1946年12月21日の昭和南海地震(M8.0)までに27回もの有感地震を発生させていたのである。また昭和南海地震の数時間後に揺れを記録した同震源では、その後1947年1月末までに同じく27回の地震を観測しており、南海トラフ巨大地震の震源域との関連を感じさせている。

南海トラフでの地震後に和歌山県南部での有感地震が増えていたというデータからは、今回の地震が起きる前に南海トラフの震源域で何かが起き、それが影響を及ぼしたと考えることもできそうだ。

4月1日に三重県南東沖で発生したM6.5の地震が南海トラフ巨大地震の前触れであった可能性を専門家が指摘していたが、今回の地震について同様のコメントが出されるようであればいよいよと考えた方がよいと言えるかもしれない。

尚、南海トラフ巨大地震に至る過程では内陸部における地震が増加するとされていることから、10月21日の鳥取県中部M6.6を含め南海トラフ巨大地震に至る地震群に含まれる可能性も否定は出来ないが、これらと共に11月3日に震度こそ記録されなかったものの珍しい震源である「南海道南方沖」の地震が注目を集めたばかりであったことも思い出しておいたほうが良いだろう(関連記事参照)。

熊本地震からの流れによる中央構造線断層帯の動きなのかそれとも南海トラフ巨大地震の震源域における異変なのか、いずれにせよかなり不気味な地震であったことは間違いないと言える。
 


 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 発生地震
-, , , ,