地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

161123ogasawara

国内地震 発生地震

2016年11月23日小笠原諸島西方沖でM5.7の地震が発生、東日本大震災の前に揺れた震源の近くで

Pocket

 
11月23日の19:01に小笠原諸島西方沖でM5.7・震度2の地震が発生した。(画像はUSGSより)

震源の深さは510kmとかなり深い深発地震だったが、小笠原諸島西方沖で有感地震が発生したのは2015年12月23日のM4.4以来11ヶ月ぶり、同震源におけるM5以上の有感地震としては2015年10月20日のM5.7・震度3以来約13ヶ月ぶりのことであった。

小笠原諸島西方沖といえば有感地震自体はそれほど多くなく年に数回程度だが、2015年5月30日には今回と同じ深発地震だったながらもM8.5という巨大地震を起こした際に注目を集めたのがよく知られている。

小笠原付近はそれ自体、巨大地震の発生が懸念されている地域である。10月21日に鳥取県中部でM6.6・震度6弱の地震が発生した際には琉球大学名誉教授の木村政昭氏は東スポで「日本列島断層」に言及、阪神淡路大震災や熊本地震も日本列島断層の上で発生したと指摘した上でこう述べていた。

「熊本地震のエネルギー発生源が伊豆・小笠原諸島の付近といえる。小笠原諸島の海底火山活動の動向や地震の回数などから計測して2020年までに大地震が起きる可能性がある」

小笠原の浅い震源で発震すれば津波が押し寄せる可能性もあるわけだが、年に数回有感地震が起きる程度である小笠原諸島西方沖で約1年ぶりに起きた地震が福島県沖M7.4の翌日だったという点は東北との間に何らかの関係があるのではないかと懸念せざるを得ないだろう。

ここで上記のUSGSマップを見てみよう。これは2011年以降に小笠原付近で発生した地震の震源をマッピングしたものだが、オレンジ色が今回の震源。そしてそのすぐそばにある水色の震源だが、これは2011年1月13日に起きたM6.6なのである。

この時の震源も今回の510kmと近い520km。東日本大震災前にも今回と非常に近い場所で小笠原が揺れていたというわけで、東北地方との相関関係に注目が集まりそうだ。

また東北と離れている小笠原に影響があるとなれば当然、南海トラフなど日本のどこで強い地震が起きてもおかしくないと考えたほうが良いだろう。

更に11月23日大地震説として囁かれている松原照子氏の著書によれば「三つの矢」の一つは伊豆半島の南側から相模湾・東京に抜けるともされている点も今回の小笠原におけるM5.7地震に不気味さを与えていると言える。
 


 

関連URL:【東スポ】鳥取で震度6弱 20年東京五輪までに大地震!?


地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 発生地震
-, , , , , ,