地震ニュース

地震予測、宏観異常、予言、前兆

161222water

関連情報

東日本大震災の経験者が語る「避難所で本当に必要になった物品」のリストとは

Pocket

 
12月中旬、東日本大震災の際に東北で被災し避難していたという人物が避難所で実際に必要となる物品について「これを用意しておいた方が良い」と解説していた。

この人物はネットの掲示板に「東日本大震災を経験した俺が本当に欲しかったものリスト」というスレを立て、避難が長期に及んだ場合に必要となる物品を挙げている。

人が多い首都圏であれば水や食糧を備蓄しておくのも重要だがそれにばかり目を向けると避難所生活では思いもかけぬ不便に遭遇してしまうようだ。

まず、支援物資が届き始めると水や食糧が徐々に行き渡るようになり、ある程度落ち着きを取り戻した後はコンビニの営業再開などによって購入に制限はあるものの自身で買い揃えることも出来るため現金はある程度以上用意しておくべきだとしている。

スレ主自身の体験からは水については自衛隊が1日で来たし冷凍食品などは無料で支給されたと言い、飲食に関しては現金さえあれば困ることはなかったという。しかし、水は支給されても容器としてのボトルは用意されなかったため、20リットル程度水をいれることの出来るボトルは用意しておくべきだとアドバイスしていた。

また衛生用品についても自衛隊が用意してくれるとしてそれほど重要視する必要はないと語っているが、一方で情報源としてのラジオやニュースを取得するためのスマホが必須だとして、スマホ用のモバイルバッテリーを複数準備しておくか大容量の電源を予め用意しておくべきだとの見解を示している。

電気機器としてはスマホ以外にも避難所では時間を持て余すことになってしまうためゲーム機もあった方がよいだろうとしている他、冬であれば寒いので暖を取るためのカセットガスで動くストーブやファンヒーター、それにガスコンロの必要性についても語っていた。

更に用途については示していなかったが「サランラップ」についても上位で挙げていたため、買い揃えておいたほうが良いだろう。
 







 

関連URL:2ch
Pocket

-関連情報
-