地震ニュース

地震予測、宏観異常、予言、前兆

170322-004kujira

宏観異常

2017年03月21日東京湾付近で午前と午後に相次ぎ「クジラらしき物」目撃と海上保安庁が発表

Pocket

 
3月21日の午前と午後に海上保安庁がそれぞれ、東京湾やその周辺でクジラが目撃されたとして「海の安全情報」Webサイトで緊急情報を発し付近の船舶に注意を促していた。

これは3月21日の11:30と14:00にそれぞれ海上保安庁の第三管区海上保安本部が発表したもので、11:30には「東京湾・京浜港・横浜区・八景島沖」で、また14:00には「東京湾・京浜港、横浜区、福浦沖」でそれぞれクジラらしき物が目撃されたとして付近を航行中の船舶に注意を呼びかけていた。

東京湾においては今回も含まれている八景島沖で3月3日にも体長約10mのおクジラが泳いでいたのが見つかっていたが(関連記事参照)、今回は14:00発表分に「長さ約5m」と記載されているため、前回とは異なる個体だった可能性がありそうだ。

打ち上げではないことから大きな騒動にはなっていないものの、3月3日のクジラ出現を報じていた現地新聞は専門家の声として「非常に珍しい」と伝えていたため、東京から神奈川にかけての一帯に再び現れたクジラを動物の異変ではないかと受け止めている人も少なくないようである。

科学的に関連があると証明されているわけではないがイルカやクジラが打ち上げられるなどした際には地震が取り沙汰されるケースは多く、最近も3月10日に鹿児島でクジラが6頭打ち上げられた直後の3月12日に薩摩半島西方沖でM5.1・震度3、また3月1日に大分県の沖合でザトウクジラが目撃された翌日の3月2日に日向灘でM5.2・震度4の地震が起きるなど被災クラスではないものの地震は起きている。

前回、東京湾でクジラが目撃された3月3日の際にも、3月5日に千葉県付近でM4.7を含む有感地震が4回続いていた。

03月05日10:19 M4.7 震度3 千葉県北東部
03月05日10:33 M3.3 震度1 千葉県東方沖
03月05日13:18 M4.3 震度2 千葉県東方沖
03月05日16:39 M3.5 震度1 千葉県東方沖

そして今回、3月21日のクジラ目撃においても早速、3月22日未明に千葉県南部でM3.4・震度1の地震が起きているがこれは2016年9月23日のM3.9・震度1以来半年ぶりとなる揺れであった。

千葉県南部という震源はそれほど有感地震が多い場所ではなく、2016年にはわずか2回、2015年が3回、2014年4回、2013年3回という程度であるため、クジラが目撃された直後に小さいとは言え地震が発生した点が不気味であるが、地震は続くのだろうか。
 


 

関連URL:【海の安全情報】【緊急情報】クジラ目撃情報(八景島沖) 【海の安全情報】【緊急情報】クジラ目撃情報(福浦沖)
Pocket

-宏観異常
-, , , , ,