地震ニュース

地震予測、宏観異常、予言、前兆

170419-002toyama

国内地震 発生地震

2017年04月19日富山県東部でM2.8・震度1の地震が発生、規模小さいながら「約5年ぶり」の有感

Pocket

 
4月19日の2:49に富山県東部を震源とするM2.8・震度1の地震が発生した(画像はYahoo!天気・災害より)。

地震の規模こそ小さかったものの、富山県東部で有感地震が発生したのは約5年ぶりであり、非常に珍しい場所で地震が観測されたと言えそうだ。

富山県東部で前回、有感地震が発生していたのは2012年7月28日のM3.3・震度1。有感地震は1931年以降、今回が43回目という少なさである。過去には1970年にM5.1・震度3を記録していた程度で、取り立てて大きな地震も起きていない。

とは言え今回の震源位置は魚津断層帯の東端に当たる場所であることから、今後地震が続くようであれば警戒を高める必要もありそうだ。魚津断層帯は地震本部による30年予測で最大M7.3程度の地震が0.4%以上の確率で起きるとされている。

また関連は不明だが富山県東部で過去に発生していた数少ない地震の後、強い地震が起きていたケースもいくつか見られていた。最近では東日本大震災の約1ヶ月前、2011年2月1日にM2.6・震度1の地震があった他、2007年7月16日の新潟県中越沖地震(M6.8)の前にも5月25日に富山県東部でM3.7・震度2の地震が観測されていた。更に2000年10月6日の鳥取県西部地震(M7.3)の際にはわずか3日前の10月3日にM1.8・震度1の地震。

いずれも関連は不明だが富山県東部での有感地震自体が少ないだけに、多少不気味な印象は否めないだろう。

尚、4月16日から17日にかけてそれほど遠くない長野県北部で2回と長野県南部でも1回の地震が記録されていた他、4月6日の4回を含め4月9日までに7回、4月14~15日にも3回と新潟県中越地方でも地震が増加傾向にある。
 


 



記事が面白かったら「いいね!」 


Pocket

-国内地震, 発生地震
-, , ,