地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

170420-002tachibana-wan

国内地震 発生地震

2017年04月19日長崎県の橘湾で2回の震度3を含む地震が9ヶ月ぶりに発生、M4超えは約10年ぶり

Pocket

 
4月19日の午後、長崎県の橘湾で震度3を含む有感地震が3回相次ぎ発生していた(画像はYahoo!天気・災害より)。

昼休みの時間帯に集中した3回の地震では最大M4.1・震度3を記録していた。

04月19日11:56 M2.8 震度2 橘湾
04月19日12:00 M3.1 震度3 橘湾
04月19日12:46 M4.1 震度3 橘湾

橘湾で有感地震が発生したのは2016年7月27日以来およそ9ヶ月ぶりで、M4を超えたのは2007年9月24日のM4.3・震度3以来10年近くぶりであったことから比較的珍しい地震だったと言うことが出来る。

これまでに橘湾で起きていた有感地震の回数を10年単位で調べてみると、地震の回数自体は少ないと言ってよい震源であることがわかる。しかし、1984年8月にM5.0・震度5弱やM5.7・震度4、M5.0・震度4などわずか数日の間に50回以上の群発地震を引き起こしたこともあり、その期間の地震数が急増していた。

1931~1940年 12回
1941~1950年 00回
1951~1960年 17回
1961~1970年 14回
1971~1980年 27回
1981~1990年 184回
1991~2000年 55回
2001~2010年 25回
2011~2017年 15回(2017年04月19日まで)

また橘湾は雲仙断層群に含まれていることから、前述のM5.7等以外にも1922年12月8日には死者26名を記録したM6.9とM6.5の地震が発生していたこともあり、有感地震が普段少ないからと言って安心できる場所とも言えない。

地震本部によると雲仙断層群ではM7.1~M7.3程度以上の地震が今後30年の間に最大で4%程度の確率で起きるとされており(一部区間については不明)九州の活断層の中でも地震発生確率が比較的高いものの一つに数えられているが、更に知っておくべきであるのは平成28年熊本地震を起こした布田川断層帯のすぐ脇にあるのが雲仙断層群であるという点だろう。M7を超えた熊本地震の影響を受けていてもおかしくはないのである。
 


 



記事が面白かったら「いいね!」 


Pocket

-国内地震, 発生地震
-, , , ,