地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

海外地震 発生地震

2017年04月25日チリ中部でM7.1の地震が発生、前回は3日後に茨城で震度6弱、大震災前にも

Pocket

 
日本時間4月25日6:38にチリでM7.1の地震が発生した(画像はUSGSより)。

その後も強い余震が相次いでおり、6:46にM5.0とM5.4、6:58にもM5.1と日本時間7:30までに既に3回のM5以上地震が起きている。M7.1の震源が10kmと浅かったことから、現地での被害も懸念される。

チリは大地震が非常に多い場所として知られており、最近でも2016年12月にM7.6、2015年9月にもM8.3とM7.0など毎年のように強い地震が発生している。

今回の震源はチリ中部にあたり、すぐ近くでは1985年3月3日にM8.0、翌日の3月4日にもM7.4と大地震が連続したこともある。チリ中部を拡大した下記の画像でオレンジ色で示した点が今回の震源、そして南にある水色で示されているのが1960年に観測史上最大を記録したチリ地震の震源(M9.5)である(USGSより)。

チリで最近伝えられていた異変としては、3月24日にチリ中部の海岸に15mのクジラが打ち上げられていた件があったが、約1ヶ月前であることから今回の地震との関連は不明である。

また気になる日本への影響だが、チリでの地震後に日本で地震が起きることもあるという点は知っておいたほうが良いだろう。前回、チリでM7以上の大地震が起きたのは2016年12月25日のM7.6であったが、その3日後である12月28日には茨城県北部でM6.3・震度6弱の地震が発生していた。また東日本大震災の前にも、2011年1月2日にチリでM7.2の地震が観測されていたのである。

これらが関連していたかどうかは勿論定かではないが、日本とチリで起きる地震には規則性がある、と語る専門家もいる。2017年1月には琉球大学名誉教授の木村政昭氏が日刊ゲンダイでこのように述べていたのだ。

「チリやペルーなどの南米で起きる地震と日本付近の地震には規則性があります。(中略)チリ付近の大地震発生から1~4年後に日本付近で巨大地震が発生するリズムが繰り返されています」

170425-002chil
 


 

関連URL:【日刊ゲンダイ】年末年始に相次ぎ“点灯”…巨大地震襲来の不吉なシグナル


地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-海外地震, 発生地震
-, , , ,