地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

170530-001indonesia

海外地震 発生地震

2017年05月29日深夜インドネシアでM6.8の強い地震が発生、その後日本で地震が起きていた例は

Pocket

 
日本時間5月29日23:35にインドネシアでM6.8の強い地震が発生した(画像はUSGSより)。

震源はインドネシア・スラウェシ島中部の内陸部(上記のオレンジ色)、深さが9.1kmと浅かったため被害が懸念される。

また現地付近では地震直後に余震も相次ぎ、M6.8発生から1時間以内に5回のM4.5以上が起きていた(時間は日本時間)。

05月29日23:35 M6.8 インドネシア
05月29日23:53 M4.7 インドネシア
05月30日00:04 M5.1 インドネシア
05月30日00:18 M5.0 インドネシア
05月30日00:30 M4.5 インドネシア

しかし日本時間5月30日06:00までにその後M4.5以上の地震は発生していないようであるため、これが収束なのかそれとも別の理由によるのか注視していく必要がありそうだ。

さて上記の図はスラウェシ島付近で20世紀以降、M6.5以上の地震が起きていた場所をマッピングしたものである。USGSのデータによれば今回の地震が持っているこれまでと異なる特徴としては震源の深さが非常に浅かったという点を挙げることが出来る。

今回は前述の通り9.1kmとされているが、これまでの地震の多くが深さ20km台から30km台が多かったためで、深さ10km前後としては2005年02月19日のM6.5(上記の最も南に位置している震源)のみであった。

一方、今回の地震が日本と連動する可能性が気になるところだろう。特に南太平洋方面での地震はその後日本に影響する可能性が高いと言われている場所であるだけに過去の事例がどうだったかは知りたいところだ。

今回の震源(オレンジ色)のすぐ西側にある震源は1925年12月30日(日本時間)に発生したM6.5・深さ25kmだが、この時はどうだったのか調べてみると、直後には強い地震は起きていなかった。M5を超える規模としては1926年01月10日の茨城県沖M5.6・震度3であり、M6を超える地震としては1926年02月03日の沖縄本島近海M6.0・震度2で、インドネシアでの地震から3ヶ月以内に日本ではM7を超える地震は発生していなかった。

とは言えスラウェシ島付近でのM6.5から数日以内に日本で強い地震が起きていたケースも複数確認できている。上記水色の震源は1968年06月07日のM6.7だが、この時、5日後に三陸沖でM7.2の規模で地震が発生していた。

またスラウェシ島付近でのM6.5とその後の日本における発震状況を見てみると4日後に茨城県沖M7.0、翌日日向灘M7.1、11日後に日向灘M7.1、更には40日後ではあるものの2005年の福岡県西方沖地震などが起きていたため、こうした点も念頭に置いておいた方が良いだろう。

1938年05月19日 M7.7 スラウェシ島付近
1938年05月23日 M7.0 茨城県沖

1941年11月08日 M7.4 スラウェシ島付近
1941年11月19日 M7.2 日向灘

1968年06月07日 M6.7 スラウェシ島付近
1968年06月12日 M7.2 三陸沖

1984年08月06日 M7.4 スラウェシ島付近
1984年08月07日 M7.1 日向灘

2005年02月19日 M6.5 スラウェシ島付近
2005年03月20日 M7.0 福岡県西方沖地震
 


 



地震ニュース by BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-海外地震, 発生地震
-, ,