地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

170612-002hyuuganada

国内地震 発生地震

2017年06月12日クジラ7頭打ち上げられたばかりの宮崎県・日向灘で早速有感地震が発生

Pocket

 
6月12日の4:57に日向灘でM2.7・震度1の地震が発生した(画像はYahoo!天気・災害より)。

規模の小さな有感地震であったにもかかわらずこの地震が注目されるのは、6月10日に宮崎県でクジラ7頭が打ち上がった直後であるからだが(関連記事参照)、千葉、三重と続いたメガマウスを考え合わせれば、小規模とは言えこのタイミングで日向灘が動いたことに不気味さを禁じ得ないと言えるだろう。

日向灘で有感地震が起きたのは5月21日のM3.4・震度1以来約3週間ぶりであり、日向灘自体は決して地震が少ないと言える震源ではなく、3月2日にはM5.2・震度4を記録したばかりであるため、今回の地震だけを取り上げて警戒する必要はそれほどないが、それでも知っておきたい点がいくつかある。

まず日向灘自体で強い地震が起き得るということ。過去約90年の間に日向灘でM7以上の地震が発生した例はこれだけある。

1931年11月02日 M7.1 震度5弱 日向灘
1941年11月19日 M7.2 震度5弱 日向灘
1961年02月27日 M7.0 震度5弱 日向灘
1968年04月01日 M7.5 震度5弱 日向灘
1984年08月07日 M7.1 震度4  日向灘

10~25年程度のスパンでM7以上が観測されているわけであるが、1984年以降既に30年以上、M7以上の地震は記録されていない。1996年10月19日にM6.9が起きてはいたが、これを含めても21年間、M7クラスは発生していないのだ。

日向灘における強い地震への懸念は専門家も指摘している。2016年5月に名古屋大学の山岡耕春教授が、九州の内陸部で地震が頻発した場合、ほぼ同時期に日向灘で大きな地震が起きていたとする過去の分析結果を発表している。

平成28年熊本地震を念頭に「これが引き金になる可能性もある」「いつ次が起きてもおかしくない時期だ」(毎日新聞より)と教授は語っていたが、こうした点を踏まえても6月10日のクジラ7頭打ち上げに続く今回の地震は気になるところだろう。

もし、日向灘でM7以上の地震が起きた場合、これが南海トラフ巨大地震を誘発する恐れがあるとされている点も知っておきたいところだ。

2016年4月3日に放送されたNHK「巨大災害 MEGA DISASTER II 日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク」では専門家が日向灘においてM7.5の地震が発生した場合、南海トラフ巨大地震の発生間隔が半分になる可能性があるとシミュレーションの結果から指摘していたのである。

前回の南海トラフ巨大地震は1944年の昭和東南海地震と1946年の昭和南海地震。2017年で約70年が経過したわけだが、南海トラフ巨大地震の発生間隔が100~150年とされている点に照らせば、メガマウス→クジラ7頭→日向灘M7以上、と仮に続くとなると、その後の南海トラフ巨大地震への警戒を一気に高めなければならないことになってしまう。その点からも要注目と言えるだろう。
 


 

関連URL:【毎日新聞】熊本地震 日向灘地震「引き金」も…過去の関係分析


地震ニュース by BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 発生地震
-, , , , ,