地震ニュース

地震予測、宏観異常、予言、前兆

170616-003yellowstone

宏観異常 海外地震 発生地震

2017年06月16日米国イエローストーン国立公園で3年ぶりにM4を超える地震が発生

Pocket

 
ここ数日、地震が続いていた米国のイエローストーンで6月16日日本時間午前、M4.5の規模で地震が発生し注目を集め始めているようだ(画像はUSGSより)。

イエローストーンではM2.5以上の地震が6月13・14日で計9回起きていたが、日本時間6月16日午前までに5回を観測、中でも日本時間9:48に発生した地震がM4.5と比較的大きかった。

同地域でM4以上の地震を記録したのは2014年3月30日のM4.8以来約3年ぶりで、その前が2010年と4年の間隔があいていたことから非常に珍しい規模の地震だったと言えるが、付近では1959年8月にM7.2を引き起こしていたこともある。

イエローストーンは地震というより火山として有名だが、もし噴火した場合その影響が世界的な規模に及びかねないため日本でも動向を注視した方がよいだろう。

「イエローストーン国立公園」というWikipediaの項目には過去の火山活動と今後予想される噴火に関する説明が掲載されているが、噴火による被害想定についてこう記述されている。

「イギリスの科学者によるシミュレーションでは、もし破局噴火が起きた場合、3-4日内に大量の火山灰がヨーロッパ大陸に着き、米国の75%の土地の環境が変わり、火山から半径1000km以内に住む90%の人が火山灰で窒息死し、地球の年平均気温は最大10度下がり、その寒冷気候は6年から10年間続くとされている。」

また巨大噴火の周期は60~70万年とされているが、過去に起きていたのは約210万年前、130万年前そして64万年前。既に巨大噴火が近いと考えられているのである。

更に2014年にはイエローストーンで道路が溶けた、というニュースが米国で報じられたり、地質学者が噴火の恐れがあると警鐘を鳴らしたと日本でも紹介されるなど近年、話題になる回数が増え始めている。
 


 

関連URL:【Wikipedia】イエローストーン国立公園
Pocket

-宏観異常, 海外地震, 発生地震
-, ,