地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

170623-001guatemara

海外地震 発生地震

2017年06月22日グアテマラでまたM7近い地震が発生、連続した際に日本で起きていた地震の傾向は

Pocket

 
6月22日の日本時間21:31に中米グアテマラでM6.8の強い地震が発生した(画像はUSGSより)。

震源の深さは46.8kmとされているが、今回の地震で注目されるのはグアテマラでは6月14日にもM6.9の地震が記録されたばかりだったという点だろう。

上記の図は20世紀以降にグアテマラ付近で発生したM6.5以上の震源をマッピングしたもので今回の震源がオレンジ色、そして6月14日の震源が水色で示されている。

同一の震源ではなく、深さも前回は94kmであることから今回の地震との関連は不明だが、グアテマラはプレートの境界に近いためこれまでにも度々被災地震を起こしてきた。

1976年2月4日のM7.5においては23,000人もの死者を出していた他、1902年4月18日のM7.4でも死者2,000人、更に最近では2012年11月7日のM7.4で死者・行方不明者130人の犠牲が出ている。

日本では6月20日に豊後水道でM5.0・震度5強が発生したばかりのタイミングであることから、短期間のうちに相次いだグアテマラでの強い地震が日本にどのような影響を与えるのか、という点が気になるところだが、グアテマラ付近で短期間の間にM6.5以上の地震が続けて起きた事例はこれまでに数回あった。

その後日本で発生していたM6以上の地震を調べてみると、明らかな相関関係は見られないものの、「硫黄島近海」「鳥島近海」「東海道南方沖」「父島近海」といずれも太平洋側での地震が観測されていた点が目立つと言えるだろう。

伊豆・小笠原方面はM8クラスにも注意が必要とされているだけに、あくまで過去のデータからだがグアテマラでの連発後、上記に挙げたエリアでの地震に注意したほうが良い、とは言えそうである。

グアテマラ付近で短期間にM6.5以上の地震が連続した後に日本付近で起きていたM6以上地震

1929年01月24日 M6.9 グアテマラ
1929年02月10日 M6.7 グアテマラ
1929年02月03日 M6.1 震度1  奄美大島近海
1929年03月09日 M6.2 震度2  硫黄島近海
1929年03月19日 M6.2 震度1  三陸沖

1979年10月27日 M6.8 グアテマラ
1979年10月27日 M6.6 グアテマラ
1979年12月12日 M6.3 震度3  鳥島近海

1993年09月03日 M6.8 メキシコ
1993年09月10日 M7.2 メキシコ
1993年10月12日 M6.9 震度4  東海道南方沖

2012年11月07日 M7.4 グアテマラ
2012年11月11日 M6.5 グアテマラ
2012年11月29日 M6.0 震度1  父島近海
2012年12月07日 M7.3 震度5弱 三陸沖
2012年12月07日 M6.2 震度3  三陸沖

2017年06月14日 M6.9 グアテマラ
2017年06月22日 M6.8 グアテマラ
???
 


 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-海外地震, 発生地震
-, ,