170901-006ehime

国内地震 発生地震

2017年09月01日愛媛県中予で約3年ぶりの地震、鳥取県西部地震の3日前や芸予地震と同日にも揺れが

Pocket

 
9月1日の16:30に愛媛県中予でM3.7・震度2の地震が発生した(画像はYahoo!天気・災害より)。

この地震でまず特徴的な点は、ほぼ中央構造線上と言って良い場所で起きたということだ。2016年の熊本地震以降、中央構造線上で強い地震が起きるのではないかという懸念は収まっておらず、過去には1596年9月1日の慶長伊予地震(M7.0)、9月4日の慶長豊後地震(M7.8)、そして9月5日の慶長伏見地震(M7.5)のように複数の箇所で次々と大地震が連鎖する展開もあり得るためだが、今回の震源である愛媛県中予においてはそれ以外にも気になる点がある。

愛媛県中予という震源で有感地震が記録されたのは2014年12月5日以来3年弱ぶりという珍しさであり、過去に記録されていた地震も今回を含めて23回と非常に少ない。

これらについて調べてみると、南海トラフと関わりがありそうな場所でその後強い揺れを記録していたケースが見られた。まず1965年1月30日に愛媛県中予で震度1の地震が発生した際には、その3ヶ月後となる4月20日に静岡地震(M6.1)。死者2名を記録した地震である。

そして2004年3月10日に愛媛県中予でM4.0・震度2の地震が起きた際には、9月5日に三重県南東沖でM7.4とM7.1。紀伊半島南東沖地震と呼ばれる地震であるが、これが起きていた。

この2つの事例は数ヶ月経過してからの地震であることから、愛媛県中予における地震が珍しいとは言え、相関関係を肯定するには至らないと思う人も少なくないだろう。

だが、他にも興味深い事例があるのである。2000年10月3日に愛媛県中予でM3.9・震度2の地震が観測された。するとそのわずか3日後の10月6日、M7.3の鳥取県西部地震で震度6強を観測。愛媛と鳥取はそれほど距離が離れているわけではないことからも関連が疑われる。

そしてもうひとつ。2001年3月24日に広島県を震源とした芸予地震(M6.7)で死者2名を出した際には、この地震の1時間後に愛媛県中予でM3.3・震度1の地震が起きていたのである。更にこの芸予地震を震源名に直すと安芸灘。この安芸灘も有感地震数で言えばそれほど多くないことで知られているが、今回の愛媛県中予の3日前、8月29日にM3.1・震度2で揺れていたばかり。

中国・四国地方での強い地震に注意したほうが良いのかもしれない。
 


 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。また当サイトの情報を元にしたリライトと判断される行為についても固くお断り致します。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 発生地震
-, , ,