地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

170908-002flare

宏観異常

2017年09月08日再びXクラスのX1.3大規模フレアが発生か、X9.3の影響は9月8日に地球へ到達

Pocket

 
9月6日にX9.3という大規模な太陽フレアが観測され、地球への影響について各メディアが一斉に報じているが、また新たにX1.3の大規模フレアが発生したと7日深夜に伝えられている(画像はSWPCより)。

Xクラスのフレアは9月6日の日本時間17:50にX2.2、そして20:53にX9.3という規模でそれぞれ発生していたが、9月7日の深夜23:36にX1.3を記録したとNASAが伝えている。

「The sun emitted two mid-level solar flares on Sept. 7, 2017. The first peaked at 6:15 a.m. EDT. The second, larger flare, peaked at 10:36 a.m. EDT. (中略)The first flare is classified as an M7.3 flare. The second as X1.3.」

X9.3による影響については国立研究開発法人・情報通信研究機構が9月7日にコロナガスの地球への到達時刻について「9月8日15時から24時にかけて」と予測を発表。

「日本時間20時53分に発生した現象の最大X線強度は、通常の1000倍以上に及ぶ大型のものです。この現象に伴い、高温のコロナガスが地球方向に噴出したこと及び高エネルギーのプロトン粒子の増加が確認されました。コロナガスは日本時間9月8日(金)15時から24時ごろにかけて、到来することが予測されています。この影響で、地球周辺の宇宙環境や電離圏、地磁気が乱れる可能性があり、通信衛星、放送衛星などの人工衛星の障害やGPSを用いた高精度測位の誤差の増大、短波通信障害や急激な地磁気変動に伴う送電線への影響などが生じる恐れがあり、注意が必要です。」

北海道でオーロラが観測される可能性がある、とされているという面がある一方でスマートフォンなどの携帯電話やGPS、各種無線通信への影響が懸念されているが、ロシアメディアのSPUTNIKはロシア科学アカデミー地磁気電離層電波伝播研究所・宇宙気象予報センターの所長の話として既に欧州や米国で通信の質が悪化した、とも伝えている。
 


 

関連URL:【NASA】Active Region on Sun Continues to Emits Solar Flares 【情報通信研究機構】通常の1000倍の大型太陽フレアを観測 【SPUTNIK】過去12年間で最強の太陽フレア 地球上の通信状態が悪化【動画】


地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-宏観異常
-, ,