地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

170911-003flare

宏観異常

2017年09月11日未明にまたXクラスの大規模な太陽フレアが発生、今度はX8.2

Pocket

 
9月に入ってから相次いでいるXクラスの大規模な太陽フレアが、日本時間9月11日未明にも再び発生している(画像はSWPCより)。

今回は日本時間9月11日の01:06にX8.2という規模で、米国のSWPCによると大規模フレアが発生したのは2673黒点群。地球への影響があるかどうかについては今後の情報に注意すべきだろう。

Xクラスの大規模フレアは日本時間の9月6日17:50にX2.2、20:53にX9.3、そして9月7日の23:36にX1.3と相次いでおり、今回の太陽フレアは規模的にはX9.3に近いことから話題になりそうだ。

太陽フレアと地震発生における直接的な因果関係は不明だが、今回の大規模フレア連発と地震との関連について専門家がメディア上で「『最後の引き金』を引いている可能性はありえなくはない」と発言している(zakzakより)。

X9.3の影響が地球に到達するとされていたタイミングで9月8日メキシコM8.1が発生したり、同じ日に日本でも熊本県熊本地方で震度4、秋田県内陸南部で震度5強、また翌日にも秋田県内陸南部で震度4、更に9月10日には浦河沖で震度4など強い地震が連発しているだけに、地震への警戒も強まりそうである。
 


 

関連URL:【SWPC】X8.2 (R3-STRONG) X-RAY EVENT OBSERVED AT 10/1606 UTC. 【zakzak】地震続発と太陽フレア“恐怖”の関係 メキシコM8.1、熊本震度4、秋田震度5強…識者「可能性はありえなくはない」


記事が面白かったら「いいね!」 


Pocket

-宏観異常
-, ,