地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

170919-001hyuuganada

国内地震 発生地震

2017年09月19日紀伊水道に続き日向灘でも揺れ、コンボ後はどこ?そして前回の南海トラフでは

Pocket

 
9月19日の未明、1:36に日向灘でM3.4・震度1の地震が発生した(画像はYahoo!天気・災害より)。

意外に多い?紀伊水道と日向灘のコンボ

18日の16:20には紀伊水道でもM3.7・震度1の有感地震が起きていたことから(関連記事参照)、共に南海トラフ巨大地震と無関係とは言えない場所だけに、気になる人も多いことだろう。

どちらも地震の数が少ないとはいえない震源だが、今回のように24時間以内に両方が揺れていたケースがどの程度あったのか調べてみると、結構な回数に達していることがわかった。これは2011年以降、紀伊水道と日向灘のそれぞれで24時間以内に地震が観測されていた事例である。

2011年07月30日19:38 M2.4 震度1 紀伊水道
2011年07月31日10:04 M3.2 震度1 日向灘

2013年01月25日23:09 M3.4 震度1 日向灘
2013年01月26日09:43 M3.2 震度1 紀伊水道

2013年02月23日00:36 M2.6 震度1 日向灘
2013年02月23日01:13 M3.2 震度1 紀伊水道

2013年05月24日00:44 M2.7 震度1 日向灘
2013年05月24日08:08 M3.5 震度1 紀伊水道

2013年08月22日01:57 M3.4 震度2 日向灘
2013年08月22日19:13 M3.4 震度1 紀伊水道

2014年03月25日12:07 M1.8 震度1 紀伊水道
2014年03月25日23:43 M3.8 震度2 日向灘

2015年05月26日01:35 M4.3 震度2 日向灘
2015年05月26日09:20 M2.4 震度1 紀伊水道

2015年12月14日15:12 M3.1 震度1 日向灘
2015年12月15日05:48 M2.6 震度1 紀伊水道

2016年06月07日16:23 M3.1 震度1 紀伊水道
2016年06月07日23:58 M2.7 震度1 日向灘

2016年12月05日06:09 M2.9 震度1 紀伊水道
2016年12月06日02:49 M3.1 震度1 日向灘

2017年02月23日03:13 M3.4 震度2 日向灘
2017年02月23日13:01 M3.7 震度2 紀伊水道

2017年09月18日16:20 M3.7 震度1 紀伊水道
2017年09月19日01:36 M3.4 震度1 日向灘

紀伊水道と日向灘が揺れた後に起きていた地震は

では、これら24時間以内に紀伊水道と日向灘の双方が揺れたケースにおいて、その後の地震に何か特徴的な動きがあったのか見てみよう。

まず気になるのが南海トラフ関連震源への波及だが、いくつか気になる動きが見られた。まず2011年7月30・31日のケースでは翌日8月1日に駿河湾M6.1・震度5弱、そこから10日ほど置いた8月12日に遠州灘M5.2・震度2。また2014年3月25日の際には翌日3月26日に薩南諸島東方沖M5.4・震度3。更に2017年2月23日の場合には3月2日に日向灘で再びM5.2・震度4といった具合である。

そして、もうひとつ気になる点がある。上記の事例の直後とも言える1週間から10日程度の間に、かなりの割合で強い地震が発生していたのである。2013年5月には同日中にサハリン近海M8.2、また2015年5月にも4日後に小笠原諸島西方沖M8.1などM8を超える巨大地震だったケースもある。更に翌日に福島県沖でM6.4・震度5強、2日後に栃木県北部でM6.2・震度5強、5日後に茨城県南部でM5.0・震度4や福島県沖でM5.6・震度5弱が起きるなど関東地方で強い揺れを観測した事例も複数あるなど、直近での地震にも注意したほうが良さそうだ。

2011年07月30・31日 紀伊水道&日向灘
2011年07月31日 M6.4 震度5強 福島県沖

2013年01月25・26日 日向灘&紀伊水道
2013年02月02日 M6.4 震度5強 十勝地方中部

2013年02月23日 日向灘&紀伊水道
2013年02月25日 M6.2 震度5強 栃木県北部

2013年05月24日 日向灘&紀伊水道
2013年05月24日 M8.2 震度3  サハリン近海

2013年08月22日 日向灘&紀伊水道
2013年08月31日 M7.0 -    アリューシャン列島

2015年05月26日 日向灘&紀伊水道
2015年05月30日 M8.1 震度5強 小笠原諸島西方沖
2015年05月31日 M6.3 震度1  鳥島近海
2015年06月03日 M6.0 震度1  父島近海

2016年06月07日 紀伊水道&日向灘
2016年06月12日 M5.0 震度4  茨城県南部

2017年02月23日 日向灘&紀伊水道
2017年02月28日 M5.6 震度5弱 福島県沖

昭和東南海地震・昭和南海地震の前には

最後に、1944年の昭和東南海地震と1946年の昭和南海地震の際には、今回と同様の紀伊水道&日向灘のコンボが起きていたのか、過去のデータから抽出してみると、1942年と1943年という南海トラフ地震前に起きていたことがわかった。

1942年08月21日19:26 M3.0 震度3 紀伊水道
1942年08月22日18:00 M6.2 震度4 日向灘

1942年08月25日03:24 M4.3 震度1 紀伊水道
1942年08月25日23:54 M6.0 震度3 日向灘

1943年02月01日09:44 M4.1 震度1 紀伊水道
1943年02月02日04:18 M4.4 震度1 日向灘

1943年04月12日17:15 M5.0 震度3 紀伊水道
1943年04月12日18:01 M5.5 震度4 日向灘

マグニチュードや震度が大きいものが目立つが、地震観測技術の進歩に鑑みればもっと小規模な地震でも同様のコンボがあった可能性も否定は出来ない。M5やM6といった規模で双方が短時間の間に揺れるような際にはその後要注意、ということなのだろうか。
 


 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 発生地震
-, , , , ,