地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

171120-001salmon

宏観異常

2017年11月20日全国紙が社説で懸念「サケ不漁の謎」24年ぶりの異変、当時起きていた地震とは

Pocket

 
日本経済新聞が11月20日、社説で「『サケ不漁の謎』解く調査を」と題した社説で、昨年から深刻化しているサケの不漁に対する科学調査の必要性に言及している。

同紙では「北海道のサケの漁獲量は昨年、24年ぶりの不漁を記録した。今年の秋サケ漁は昨年をさらに4割も下回り」と現状に懸念を示すとともに海水温の変化や地球温暖化の影響について「これまで以上に精度の高い科学調査が必要だ」「海洋調査には各国の連携が重要だ」と説いている。

サケの不漁について指摘されたのは、今回が初めてではない。10月30日にも毎日新聞が「サケ定置網 北海道で記録的不漁 背景に急激な気候変動」とのタイトルでやはり「北海道東部を中心に記録的な不漁だ」「24年ぶりの不漁だった昨年同期に比べても3分の2程度で」と説明していた。

ここでもその原因については海水温の変化や地球規模の気候変動、地球温暖化を挙げていたが、気になるのはどちらにも登場している「24年ぶり」という部分である。というのもその時期、北海道ではM8を超える巨大地震を含む大地震が相次いで発生していたためだ。

1993年01月15日 M7.5 震度6弱 釧路沖地震
1993年07月12日 M7.8 震度5弱 北海道南西沖地震
1994年10月04日 M8.2 震度6弱 北海道東方沖地震
1994年10月09日 M7.3 震度4  北海道東方沖
1995年04月18日 M7.2 震度2  千島列島
1995年12月04日 M7.3 震度2  択捉島南東沖
1995年12月04日 M7.0 震度1  千島列島

1995年といえば阪神淡路大震災も起きていた時期であるが、北海道だけで3年間の間にこれだけのM7以上が記録されていた時期以来の「サケ不漁」を海水温の変化と地球温暖化にのみその原因を求めてよいのかどうかはわからない。日経の社説タイトルをもう一度見てみよう。「サケ不漁の謎」なのである。
 


 

関連URL:【日本経済新聞】「サケ不漁の謎」解く調査を 【毎日新聞】サケ定置網 北海道で記録的不漁 背景に急激な気候変動


地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-宏観異常
-, , , , , , ,