180213-001sanrikuoki

国内地震 発生地震

2018年02月13日東北地方太平洋側・アウターライズでM5.3の地震が発生

Pocket

 
02月13日の05:05に三陸沖でM5.3の地震が発生した。

震度1未満であったことから有感地震としては観測されていないが、いわゆるアウターライズ領域におけるM5を超える地震だったという点で注目される。

アウターライズ地震は揺れよりも津波に警戒する必要があるとして知られており、1896年の明治三陸地震(M8.5)の後に発生していたアウターライズ地震である1933年の昭和三陸地震(M8.1)では最大遡上高28mの津波が押し寄せ、約3,000人の犠牲者を出したとされている。

近い将来東日本大震災に対応するアウターライズ巨大地震が起きる可能性について以前から指摘されており、アウターライズ領域における地震活動に対しては注視しておく必要があるだろう。

東北地方におけるアウターライズ地震は2017年秋に頻発していた。

2017年09月21日三陸沖アウターライズでM5.9が発生、大震災後の類似地震に共通して見られた傾向は(関連記事

2017年10月06日またアウターライズで地震今度は福島県沖でM6.0が発生、次は三陸沖の可能性?(関連記事

2017年10月12日また東北でM5超え、強い地震とアウターライズ、周辺での揺れにまだ注意必要か(関連記事

2017年10月29日東北地方で再びアウターライズ、更に北側への震源移動で知っておきたい点は(関連記事

2017年11月13日またアウターライズで三陸沖M5.7、震源付近では過去にM6.9の強い地震起きたケースも(関連記事

アウターライズでのM4.5以上の地震はこれら以来ぶりであるが、今回の地震は10月29日の震源にごく近い場所で発生したようだ。

前回、10月29日のアウターライズ地震後にはいくつか気になる地震も起きていた。2月11日にもM4.9が観測されたばかりの八丈島東方沖で(関連記事)2度M6超えしていた他、南北に当たる十勝沖や宮城県沖でそれぞれ震度4を観測していたからである。

2017年11月03日 M5.1 震度4 十勝沖
2017年11月09日 M6.1 震度1 八丈島東方沖
2017年11月11日 M4.9 震度4 宮城県沖
2017年11月16日 M6.2 震度3 八丈島東方沖
 


 

※画像はHi-netより。


「地震ニュース by BuzzNews.JP」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。また当サイトの情報を元にしたリライトと判断される行為についても固くお断り致します。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 発生地震
-, , , ,