地震ニュース

地震予測、宏観異常、予言、前兆

地震予測

2016年07月11日台湾の研究所が沖縄での地震に注意喚起「50日以内にM8以上の可能性」

Pocket

 
7月10日に台湾の地震研究所が沖縄を含む地域での地震に警戒を促す発表を行っている。

今回の予測は「50日以内に沖縄あるいは宜蘭外海でM8以上の強い地震が起きる可能性がある」というもので計測したデータからは沖縄の方が危険であると考えられるともしているが、6月24日に発表されていた「60日以内に南日本或いは台湾東北角でM8以上」と内容的に重なっていること及び観測点が「上海と台湾」で同一のため便宜上情報が更新されたものとして扱っておくことにする。

また6月30日に発表していた「60日以内『日本南海大地震』」についての予測が7月9日にTwitterで再び「60日以内」とされていたのでこれを反映。更に6月27日に発表していた「20日以内に日本、台湾、インドネシア付近で4回のM6以上」の予測が7月10日「40日以内」に訂正されていたのでこれを反映した。

今回発表された沖縄や台湾における強い地震の予測が「南海大地震」の予測とどのように関連しているのかについては不明だが、観測点が一致しているため同一を指している可能性も否定出来ず、これについては続報待ちの状態。

台湾の地震預測研究所は観測点毎に発表するため数多くの地震予測が出される傾向があり、的中しないケースも多いのであまり気にし過ぎないことが肝要であろう。現在、日本について発表されている予測は上記以外では以下の通り。

発表日 観測点 内容
06月22日 【上海】【台中】 40日内に南日本か台湾でM6.2以上の地震或いはインドネシアかニュージーランドでM7以上の強い地震が起きる可能性がある。
07月07日 【洛杉磯】 08月03日23:00(日本時間)に東京を含む南日本か台湾、南太平洋或いは南米でM8以上の強い地震が起きる可能性がある。
07月09日 【上海】【台湾】 60日以内に台湾の東北角あるいは『日本南海大地震(M8~M9以上)』が起きる可能性がある。
07月10日 【上海】 40日以内に日本、台湾、インドネシア付近で4回のM6以上の地震が起きる可能性がある。
07月10日 【上海】【台湾】 50日以内に沖縄あるいは宜蘭外海でM8以上の強い地震が起きる可能性がある。

 

 

Pocket

-地震予測
-, , ,