国内地震 地震予測 発生地震

2016年07月11日八丈島近海でM5.2の地震が発生、伊豆での大地震に警戒すべき理由とは

2016/07/12

Pocket

 
7月11日の15:22に八丈島近海を震源とするM5.2の地震が発生し東京都神津島村などや静岡県の西伊豆町で震度1を観測した。


八丈島近海を震源とする有感地震としては約1年ぶりのことで、前回は2015年7月17日のM4.2・震度2であった。この時は前々日の7月15日から有感地震だけでも10回も起き群発の様相を呈してはいたが震度はいずれも1~2と小さく、過去に遡っても八丈島近海を震源とする地震としては震度4以上の揺れは1932年以降起きていない。

今回の地震も有感地震こそ17:00現在1回だが、規模の小さな無感地震は11日だけで朝から既に10回近く発生しているため更に地震活動が続く可能性もあるが、それよりも気になるのが前日7月10日15:33に三宅島近海でM3.2・震度1の揺れがあったことだろうか。それぞれの震源の位置については下記の図(Yahoo!天気・災害より)を参照。

10日の三宅島近海における地震は有感地震としては5月28日以来約40日ぶりのことだったが、その前に起きていたのは2014年9月23日と20ヶ月も遡らねばならず、何やらあまり動かない震源が動き出した可能性は排除できない。

ここで知っておきたいのが2016年になってから複数の専門家が相次いで伊豆における強い地震の発生を警告しているということだ。1月5日に掲載された現代ビジネスの記事の中では琉球大学名誉教授の木村政昭氏が2016年に伊豆諸島付近でM8.5の地震が起きるかもしれない、と予測していたし、1月8日のポストセブンでは東大名誉教授の村井俊治氏が2016年に最も警戒すべきゾーンとして「特に注目しているのが伊豆諸島です」と語っていたのである。

更に2月に入ってからもJBPRESSで埼玉大学名誉教授の角田史雄氏が「2017年から2018年にかけて、伊豆・相模地域でかなり大規模な直下型地震が発生する恐れがある」と指摘している。
 




 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。また当サイトの情報を元にしたリライトと判断される行為についても固くお断り致します。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 地震予測, 発生地震
-, , , , , , , ,