180518-003aomorikenseihouoki

国内地震 発生地震

2018年05月18日青森県西方沖M4.1と直前の釧路沖M5.8の関係は、過去にもみられた相関

Pocket

 
05月18日の06:36に青森県西方沖でM4.1・震度1の地震が発生した。

青森県西方沖では03月09日にもM3.4・震度1が起きており(関連記事)2018年としては今回が2度目の揺れということになるが、注目すべき点はその前に有感地震を記録していたのが2013年09月であったということだ。

つまり2013年09月以降沈黙していた震源が2018年になり動き出したということになるわけだが、青森県西方沖は今回を含め過去約90年間に328回の有感地震を観測してきたうち、約200回が1983年の日本海中部地震(M7.7)の年に記録されていたことから、本来地震が少ない震源である。ここへ来て動き出した理由は不明だが、青森から北海道にかけての西側一帯についても気にかけておいた方が良さそうだ。

今回、青森県西方沖でM4.1・震度1が発生する約3時間前に北海道の東側に当たる釧路沖でM5.8・震度4が起きていたが(関連記事)、過去のデータを調べてみると関連している可能性を否定出来ないようだ。

前回、03月09日に青森県西方沖でM3.4・震度1が発生した際にも、その前に北海道の東側でM5を超える強い地震が相次いでいた。03月05日に択捉島南東沖でM5.5・震度2、03月07日にも千島列島でM5.8・震度1。

また日本海中部地震の最大余震だったとされる1983年06月21日の青森県西方沖M7.1・震度4の際には、約15時間前に択捉島南東沖でM6.2・震度1の地震が起きていたのである。

こうした事例からは今回の青森県西方沖での地震が釧路沖M5.8とのコンボであったとも考えられるわけだが、大地震に限ってもその傾向があるのではないかと思えるデータがある。

1993年01月15日に釧路沖でM7.5の釧路沖地震が発生してから半年後の07月12日に、青森県西方沖の北側に当たる場所でM7.8の北海道南西沖地震が起きていたのである。
 


 

※画像は気象庁より。


「地震ニュース by BuzzNews.JP」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。また当サイトの情報を元にしたリライトと判断される行為についても固くお断り致します。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 発生地震
-, , , , , ,