国内地震 地震予測 発生地震

2016年07月19日千葉県東方沖でM5.2・震度4の地震が発生、直前には台湾の研究所が茨城での異変に言及

Pocket

 
7月19日の午後、千葉県東方沖でM5.2・震度4の地震が発生した。


これは7月19日の12:57に千葉県東方沖深さ30kmを震源とする地震で、マグニチュードは5.2、最大震度は4を記録。東京都千代田区でも震度3を記録するなど、関東地方全体が揺れる規模であった(震源の位置は下記参照・Yahoo!天気・災害より)。

千葉県東方沖を震源とする有感地震は7月6日のM4.5・震度2以来約2週間ぶり、同震源におけるM5.0以上の地震としては2014年1月2日のM5.1以来約2年半ぶり、そして震度4以上としては2013年12月21日のM5.4以来約2年7ヶ月ぶりのことであった。

千葉県東方沖は比較的地震の多い震源として知られているが、今回の地震を超えるM6.0以上となるとそれほど数は多くなく、1930年以降21回である。そしてそのうちの5回が東日本大震災以降となる2011年と2012年であることからは震災の影響を受けたと言えるが、2013年以降M6.0以上の規模の地震は起きていない。

東日本大震災以降、沈静化傾向にあった震源であると言えそうだが、M5.0以上の地震が上記の通り2015年には起きていなかったことを考えると、再び活動しだした可能性も否定できず、今後の動向に注意が必要である。

今回の地震で注目されるのが、2日前の17日に茨城県南部でM5.0・震度4の地震が起きていたことや八丈島近海での地震が続いており7月18日の17:44には伊豆大島近海でもM2.8の有感地震が起きていたことだろう。今回の地震後にも16:28に茨城県沖でM4.1・震度3の地震が起きている。関東から伊豆にかけての一帯では地震への警戒も出ていること特にJESEAが7月6日に南関東周辺の警戒レベルをレベル4からレベル5の「特別警戒」に引き上げていたことには当面の間留意して過ごしたい。

また今回の地震では、その直前となる7月19日の日本時間02:17に台湾の地震預測研究所が茨城におけるデータ異常に関する警告を出していたことが注目される。これは北茨城市で放射線レベルが異常値を示しているとして東日本大震災の再現となる「M8以上の強い地震」を東日本を対象に警告していたのだ(放射線レベルと地震発生との関連については定かではない)。但し通常の予測とは異なり「~日以内」という具体的な発表はなく、これについては今後の新情報を引き続きチェックしたほうがよいだろう。

160719-011
 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。また当サイトの情報を元にしたリライトと判断される行為についても固くお断り致します。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 地震予測, 発生地震
-, , , , ,