180706-010kamchatka

地震予測 海外地震

2018年07月06日カムチャッカ半島付近でM6.1、類似例では北海道で複数回のM5以上、大地震の例も

Pocket

 
07月06日の日本時間10:40にカムチャッカ半島付近でM6.1の地震が発生した。この付近において類似条件で起きた地震後には、いずれのケースでも北海道でM5を超える規模の地震が複数回発生していたことがわかった。

カムチャッカ半島付近における今回のM6.1を示しているのが上記オレンジ丸印だが、水色で示した比較的近い場所では1952年にM9.0という超巨大地震・カムチャッカ地震を引き起こしたこともある。

上図の通り千島海溝沿いではこれまでに無数のM6以上が発生してきたが、今回の震源の深さは79.8km。この前後にあたる深さ50~100kmで今回の震源に近い場所で起きていた過去の地震6例についてその後の揺れを調べてみると、いずれのケースでも2ヶ月以内に複数回、北海道でM5以上の地震を記録していたことがわかった。

1953年03月には十勝地方南部M5.8など3回、1954年には日高地方中部M5.9など6回、1955年の際には釧路沖M5.8など2回、1957年の時は北海道東方沖M5.4など4回、といった具合である。

場所を問わないならば日本国内におけるM5以上の発生頻度に照らせば複数回の発生は驚くに値しないが、いずれも北海道であったことに加え、6例中2例ではM7を超える大地震につながっていた点が注目される。

1992年と1993年の事例で、1992年の際にはカムチャッカ半島付近でM6.1が起きてから約1ヶ月後に釧路沖でM7.5・震度6弱の釧路沖地震が発生。また1993年にはカムチャッカ半島付近でM7.5が起きると約1ヶ月後にM7.8・震度5弱の北海道南西沖地震が発生していたのだ。

こうした点からは今後北海道方面への影響が懸念されるが、過去データからも北海道での強い地震のシグナルは既に出ている。

04月14日にM5.4、04月24日にM5.3と根室半島南東沖でM5を超える規模の地震が連発した際に紹介していたが(関連記事)、同震源での連発は1968年の十勝沖地震(M7.9)や1982年の浦河沖地震(M7.1)の前にも見られていたのである(関連記事)。
 


 

※画像はUSGSより。


「地震ニュース by BuzzNews.JP」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。また当サイトの情報を元にしたリライトと判断される行為についても固くお断り致します。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-地震予測, 海外地震
-, , , , , , ,