地震予測

「南海トラフ大地震は5年以内に起きる可能性」専門家がメディア記事で言及

Pocket

 
専門家が南海トラフの発生時期についてメディアで言及している。


これは7月28日に公開された日刊ゲンダイの「伊豆だけじゃない 全国の“半島”で続く揺れは大地震の兆候」の中で、立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学教授が指摘しているもので、記事中でこう述べている。

「長くても5年以内には、南海トラフの大地震が起こる可能性があります」

高橋氏は4月の平成28年熊本地震が南海トラフ大地震に影響する前兆としての地震だったと考えており、熊本における地震前後から南海トラフに関わる地域での地震活動が活発化しているとしてこのような結論を導き出しているようだ。

南海トラフ巨大地震についてはそれ以外にも4月1日の三重県南東沖M6.5の地震を前兆だったとする専門家もおり、6月に新聞で京都大学の名誉教授が「前触れとも考えられ」と発言していたばかりだった(関連記事参照)。

こうした流れに鑑みれば今回の内容もそれほどの驚きはないが、「5年以内」という目安が明らかになったのは注目を集めそうだ。南海トラフ巨大地震が間近に迫っているのは確かであり、6月10日に政府の地震調査委員会が発表した「今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率」の県庁所在地別の数値を見ても(関連記事参照)、高知市73%、徳島市71%、高松市61%など南海トラフの震源域に近い場所では軒並み高くなっている。
 


 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。また当サイトの情報を元にしたリライトと判断される行為についても固くお断り致します。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-地震予測
-, ,