地震予測

直近で揺れる恐れがあるのは?女性誌で専門家が指摘した3つの場所と関東における地震の可能性

Pocket

 
電気通信大学名誉教授の早川正士氏が女性自身で今後1週間の短期予測を発表している。


早川氏は特に短期の地震予測における的中で知られているが、今後1週間の間に注意すべき場所として「沖縄」「小笠原諸島」「岩手県などの太平洋沖」を指摘。

この記事は関東地方で増加している大きめの地震を受けて早川氏が予測した内容を掲載したものだが、これ以外にも1週間のうちにということではない、としながらも南関東におけるM7クラスの地震が「いつ起こってもおかしくない状態であることは間違いありません」と語っており、警戒したほうが良さそうだ。

関東地方では7月27日の深夜にも震度5弱の地震が起きたばかりだが(関連記事参照)、28日の朝、東大名誉教授の村井俊治氏もTwitterでこのように述べ、「首都圏は要注意」と考えていることを明らかにしている。

「昨夜茨城県北部地震(震度5弱)が起きました。昨日午後4時に発信したJESEAのメルマガでは茨城県の三和で熊本地震以降急激な沈降をしていることに言及していました。データに現れた異常変動が地震になって現れました。伊豆半島や伊豆諸島も不安定です。首都圏は要注意でしょう。 」

他にも複数の専門家が首都圏で強い地震が発生する可能性を指摘しており(関連記事参照)関東地方が緊迫した状態であることは間違いない。
 


 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-地震予測
-, , , , ,