180712-010ioujimakinkai

国内地震 地震予測 発生地震

2018年07月12日硫黄島近海で2度のM5超え、伊豆・小笠原以外に地震への警戒必要な場所とは

Pocket

 
07月12日の09:38と12:09に、硫黄島近海でM5.1とM5.0の地震が相次いで発生した。ごく近い場所でM5を超える地震が連発した形だが、注意喚起されている伊豆・小笠原方面以外にも警戒しておくべき場所があるようだ。

小笠原で2度のM5超え

これらの地震による震度は1未満で、震源はUSGSによるとほぼ同じ場所で起きていたとみられるが、深さが異なっていたようだ。

07月12日09:38 M5.1 硫黄島近海(10.0km)
07月12日12:09 M5.0 硫黄島近海(38.9km)

無感地震だったとは言え、M5を超える地震とすればそれなりの規模であることに加え、ほぼ同じ場所で2回続いたことから、伊豆・小笠原方面での動きを注視する必要があるだろう。

仮に付近で大地震が起きれば、本州の太平洋岸広い範囲や四国に津波が押し寄せる恐れがあるためだ。

今回の地震は伊豆・小笠原海溝のごく近くで発生したが、南海トラフ巨大地震ではないかとされ最大死者2万人を数えたという1605年02月03日の慶長地震には、伊豆・小笠原海溝における地震だったのではないか、との説もあるのである。

更に現在、伊豆・小笠原における大地震の発生には専門家も警鐘を鳴らしている。琉球大学の木村政昭名誉教授で、2018年03月の新燃岳噴火や06月18日の大阪府北部M6.1・震度6弱を「伊豆-小笠原で予想される震源域からのエネルギーによるもの」と指摘しているのだ(関連記事)。

また、伊豆に対しては07月09日の配信レポートを07月12日に公開したばかりのEPRC(一般社団法人地震予兆研究センター)も「伊豆半島において『非常に大きな地殻変動』が3週間に渡り観測されています」と指摘しており、「伊豆半島周辺におけるM6クラスの地震発生への危険性は継続している」と注意を促している。

千葉や茨城で強い地震起きるケースも

では、今回の震源付近で地震が発生した過去の事例はその後どのような揺れをもたらしていたのだろうか。条件の近い深さ50km以下に絞って、今回の震源から近い場所で起きていた地震について調べてみると、やはり直近で伊豆・小笠原における中規模地震に繋がっていたケースがあった。

1984年06月12日の硫黄島近海M5.3の翌日に鳥島近海でM5.9・震度1が観測された例やその2ヶ月後、1984年08月12日の硫黄島近海M5.1の4日後に八丈島近海でM5.0・震度1が起きていた事例である。

M5を超える規模の地震が周辺の震源を刺激する可能性に照らせばこうした展開に意外性はないが、それよりも目立っていたのが千葉や茨城といった場所における地震。

2012年03月12日の硫黄島近海M5.0の場合にはその2日後、03月14日に千葉県東方沖でM6.1・震度5強という強い揺れが発生していた他、1984年06月12日のケースでも18日後に茨城県南部でM5.1・震度4。また1984年08月12日の例でも1ヶ月後に千葉県東方沖や茨城県沖のすぐ隣に位置する関東東方沖でM6.6・震度4という地震に繋がっていたのである。

そしてもう一つ。今回の震源から近い場所で同日中に2度の地震が起きていた例として、2016年12月14日のM6.0(深さ22.4km)とM5.5(深さ10.0km)があるが、この時、2週間後の2016年12月28日には茨城県北部でM6.3・震度6弱が発生していたのだ。

これは日本国内で震度6弱以上を記録した地震としては大阪府北部の前に起きた強い地震であった。

こうした点からは伊豆・小笠原方面への注意と共に、千葉や茨城といったエリアでの地震にも警戒しておく必要があると言えるだろう。
 


 

※画像はUSGSより。
関連URL:【EPRC】2018年7月9日配信レポート


「地震ニュース by BuzzNews.JP」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。また当サイトの情報を元にしたリライトと判断される行為についても固くお断り致します。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-国内地震, 地震予測, 発生地震
-, , , ,