地震ニュース

地震予測、宏観異常、予言、前兆

関連情報

2016年08月01日「東京湾でM9.1震度7」緊急地震速報の誤報で騒然、その後も落雷の影響で停電続く

Pocket

 
8月1日の17:09に発生した緊急地震速報(予報)の誤報で一時ネットが騒然とする一幕があった。

これは地震速報アプリなどで流れたもので発生日時と規模として突然、このように表示されたのだった。

「発生日時:2016/08/01 17:09:02 震源地:東京湾 マグニチュード9.1 最大震度7」

地震に詳しい人であれば東京湾でM9.1という規模が起きることはほぼ考えられないとしてすぐに誤報に気づいたようだったが、それでもネットでは大騒ぎとなり、掲示板やTwitterなどで不安を感じるという人が次々と書き込みを行っていたようである。

気象庁によると千葉県富津市の観測点データに大きなノイズが記録されたのが原因で、15秒後には取り消されたが17:12頃にも再び震度5以上として緊急地震速報(予報)が流れるなど混乱していたようだ。

緊急地震速報には「緊急地震速報(警報)」と「緊急地震速報(予報)」があり、前者はスマホにも配信されるという意味で広く知られている「緊急地震速報」だが、後者は交通機関や病院などに配信される早期観測用であり、今回反応したのはこちらだった。

そのため特定のアプリなどからの通知のみだったため、一般の人には流れなかったがそれでも複数の電車が運行を見合わせるなど社会への影響が出たのは間違いない。

前者の「緊急地震速報(警報)」は誤報防止のシステムがあるためより精度が高くなっている分、「緊急地震速報(予報)」より遅れて流れることになっている。「緊急地震速報(予報)」は速報性を重視するため誤報の恐れがあってもそのまま情報を配信してしまう仕組みであることが今回の騒動の原因である。

それにしても流れてきた誤報は東京湾でM9クラスの地震が起きた場合、日本列島がどう揺れるのかを知るには最適の教材だ。これを見て改めて地震対策の必要性を感じた人もいるのではないか。下記の画面が実際に流れてきた画像である。

今回の誤報は雷のせいだと考えられているが、2日にかけては他にも雷による被害が出ていることにも注目しておくべきだろう。

8月2日の午前3時半頃には落雷の影響で群馬から埼玉にかけての広い範囲で46万7,000戸余りが停電していた他、2日正午過ぎには東京ディズニーリゾートで落雷の影響とみられる停電が発生している。

地震との関連があるわけではないとは言え、月の満ち欠けが地震発生のトリガーとなることや太陽活動に影響を受けること、それに地震雲が取りざたされるなど上空の変化が地下の地盤に作用することは十分に考えられるため、念の為に注意しておいたほうが良いだろう。また、緊急地震速報の誤報は8月1日にもう1件発生していたことがわかっている。これは7:36に埼玉県所沢市付近を震源とする震度5弱の地震が発生したとされていたもので、これにも早朝からひやりとさせられた人が少なくなかったようだ。

ちなみに8月1日の17:09震度7の誤報の際、震源とされたのは前述のとおり千葉県富津市だったが、震源の位置は舛添前都知事で話題になったホテル三日月のすぐ近くであった。小池新知事が決定した日にこうした現象が起きるのは何やら不気味だと感じる部分がないわけではない。

160802-006

160802-007

160802-009
 

Pocket

-関連情報
-, ,