地震予測

2016年08月06日台湾の研究所が「東海大地震」に言及した新たな予測を発表

Pocket

 
8月6日に台湾の地震預測研究所が日本に関わる新たな地震予測を発表した。今回の発表では「東海大地震」に言及していることが注目される。


この予測は8月6日の早朝に発表されたが、内容はこうであった。

「60日以内に台湾東北角もしくは南日本でM8以上の強い地震が発生する可能性がある。尚この地震は南海トラフ或いは東海大地震かもしれない」

台湾の研究所は頻繁に予測を発表することが知られており、南海トラフ大地震については7月の時点で指摘していたが、今回の発表は当時の予測を発表した観測点とは異なる場所から出されていること、そして東海地震の可能性に触れていることが特徴だろう。

7月9日に出された「60日以内に台湾東北角もしくは日本南海大地震(M8~M9)」の観測点は「上海」「台湾」だったが、今回の予測を発表した観測点は「台南熱心」であり、複数地点からの予測ということで精度が高まったと見ることも出来そうだ。

また日本近海特に東日本に関しては7月20日に「台南新生」観測点から「8月17日に福島外海でM7以上」、そして「宜蘭」観測点から「60日以内に東京付近(東日本外海)でM7以上」の予測がそれぞれ発表されており、地震が起きやすい環境にあるのは間違いなさそうだと言える。

前回、台湾の研究所について紹介した記事の中で最近の的中実績に触れたが(関連記事参照)、新たに7月30日マリアナ諸島近海で起きたM7.7地震について、7月7日に発表していた「8月3日に南太平洋などでM8以上」の予測に対応したものであったことがわかった。日付指定の前後数日以内に大地震の発生を予測できていたと考えて良いだろう。

東海地震の震源域に近い伊豆や首都圏での強い地震に警戒が促されている時期だけに、今回の予測についても関東地方では特に注意喚起に役立てたほうが良さそうである。

台湾の地震預測研究所が現在発表している日本に関連する地震・噴火発生予測。

発表日 観測点 内容
07月09日 【上海】【台湾】 60日以内に台湾の東北角あるいは『日本南海大地震(M8~M9以上)』が起きる可能性がある。
07月10日 【上海】 40日以内に日本、台湾、インドネシア付近で4回のM6以上の地震が起きる可能性がある。
07月10日 【上海】【台湾】 50日以内に沖縄あるいは宜蘭外海でM8以上の強い地震が起きる可能性がある。
07月20日 【台南新生】 8月17日の18:00に福島外海でM7以上の地震の可能性
07月27日 【宜蘭】 20日以内に桜島もしくは阿蘇山で大規模な噴火の可能性
08月02日 【宜蘭】 60日以内に東京付近(東日本外海)でM7以上の地震の可能性
08月06日 【台南熱心】 60日以内に台湾東北角もしくは南日本でM8以上の地震の可能性、南海トラフか東海地震の恐れも

 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-地震予測
-, ,