地震ニュース

データからの地震予測・宏観・前兆

地震予測

中央アジアで強い地震が起きる可能性が現地で指摘される、日本で連動する可能性あるのは?

Pocket

 
中央アジアの天山山脈で近く地震が起きる可能性があると報じられている。


これはロシアメディアのSPUTNIKが伝えているもので、カザフスタン共和国のエネルギー省が報じたとして研究者が7月9日に発表したと言うが、時期や規模は示されていない。

天山山脈は中央アジアのカザフスタン、キルギス、中国の国境地帯に位置しており、これまでにもしばしば強い地震が発生してきたことが知られている。付近では2015年には10月26日にM7.5、また12月7日にもM7.2の地震が起きるなどM7以上の大地震も多いが、日本との連動という意味では何か傾向はあるのだろうか。

過去の地震を調べてみると、天山山脈やその周辺で発生したM7.0以上の地震の後に日本で大きな地震が起きていたケースがいくつかあった。まず関東地方では茨城県辺りと連動することがあるようだ。

1921年11月15日 M7.8 アフガニスタン
1921年12月08日 M7.0 龍ヶ崎地震(千葉県・茨城県県境付近)

1924年07月11日 M7.2 新疆ウイグル自治区
1924年08月15日 M7.2 茨城県沖

2008年03月20日 M7.2 新疆ウイグル自治区
2008年05月08日 M7.0 茨城県沖

そして更に気になるのが南海トラフ巨大地震の震源域との関わりだ。2016年4月1日に三重県南東沖でM6.5の地震が発生し南海トラフ巨大地震の前兆ではないかとして大きな騒ぎとなったばかりだが、1983年12月30日にアフガニスタンの北東に位置するヒンドゥークシュ山脈でM7.4の地震が起きると、その2日後、1984年01月01日に三重県南東沖でM7.0の地震が発生していた。

また、1946年12月21日の昭和南海地震(M8.0)の前月、11月2日にもキルギスでM7.5の地震が起きていた。こうしたことからは今回の予測通り天山山脈で強い地震が起きた場合には、その後南海トラフ巨大地震への警戒レベルを一段高くしたほうがよいと言えるだろう。
 


 



地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。「地震ニュース by BuzzNews.JP」は新着記事配信にご登録の上、お楽しみ下さい。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
BuzzNews.JPは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

Pocket

-地震予測
-, , ,