地震ニュース

地震予測、宏観異常、予言、前兆

関連情報

東日本大震災や4月の三重県南東沖に続き地球深部探査船「ちきゅう」がまた地震の近くに

Pocket

 
海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」が東北地方にいることがわかった。

「ちきゅう」は強い地震が起きる場所にいることが多いとして地震との関連が囁かれることがある。勿論根拠はなく噂・憶測・都市伝説の部類であることに注意は必要だが、最も知られているエピソードが東日本大震災の際、東北で海底探査を行っていた件で、Wikipediaの「ちきゅう」の項目にもこう書かれている。

「2011年3月11日には下北八戸沖の海底探査のために八戸港に停留していた際に東北地方太平洋沖地震に遭遇し、津波の被害を避ける為に一時沖合に待避した。」

また2016年4月1日に三重県南東沖でM6.5の地震が発生した際、この震源が東南海地震の震源域であったとして警戒が広がったがこの時にも「ちきゅう」は現地のすぐ近くにいたとして話題になっていた。

8月20~21日にM6.0を含む地震が相次いでいるが、「ちきゅう」は現在石巻港にいるという。これは8月19日に海洋研究開発機構のWebサイトで更新されていた情報だが、今後更に強い地震が起きるようなことがあれば、再び地震と「ちきゅう」の関連が取り沙汰されそうである。
 


 

Pocket

-関連情報
-, , ,