地震ニュース

地震予測、宏観異常、予言、前兆

地震予測

「南海から東海、伊豆諸島に警戒して頂きたい」村井俊治東大名誉教授の「週刊MEGA地震予測」

Pocket

 
東大名誉教授の村井俊治氏による「週刊MEGA地震予測」が9月21日に南西諸島から伊豆諸島にかけての一帯における地震活動への警戒を促している。

「週刊MEGA地震予測」は有料サービスだが、配信しているニコニコのページで公開している「トピックスと地震予測サマリー」に掲載されたもので、同サービスはこのように伝え「ご警戒下さい」としている。

「今回、南西諸島をレベル3から4にいたしました。 これは、前々回に続きフィリピン海プレートの境界線沿い付近に異常変動が集中しているので、 南西諸島~南海~東南海~東海~伊豆諸島を警戒していただきたいということです。」

「週刊MEGA地震予測」では9月7日にも「沖縄から関東にかけて異常変動」とするとともに「伊豆・小笠原諸島が静謐状態です」と指摘、同エリアにおける地震の可能性を示唆していた。

9月21日未明には鳥島近海でM6.3の地震が起きたばかりであることと合わせ、南海トラフや伊豆・小笠原方面に注意したほうが良いだろう。

村井氏は7月上旬にも「小田原と三浦半島で異常が見られた」としていたが、その後7月中旬に八丈島近海でM5.2の地震が2度起きていた。また8月17日は三重県で異常変動を観測したとしており、今回の予測との関連が懸念される。
 


 

 

Pocket

-地震予測
-, , ,