「関連情報」 一覧

no image

地震調査研究推進本部が地震発生確率のランク付け変更を検討、夏までに目処の予定

  政府の地震調査研究推進本部が地震発生確率についての発表内容を見直す ...

no image

平成28年熊本地震の本震引き起こした震源、活動周期がこれまでの想定より短かった可能性

  熊本でM7.3を引き起こした布田川断層の活動周期が従来の想定よりも ...

no image

連日続くクマの目撃情報、神奈川県の丹沢山地には「ツキノワグマが40頭生息」

  神奈川県相模原周辺に生息しているというツキノワグマの数が40頭と報 ...

no image

地震速報で自動的にテレビをオンに、アプリを使って連携可能に

2016/06/24   -関連情報

  Yahoo!JAPANが提供しているiOS/Android向けアプ ...

no image

地震調査委員会が余震発生確率の評価方法に前震である可能性を考慮するなど検討を開始

政府の地震調査委員会が余震の発生確率評価における手法の改善検討に入った。 現在、 ...

no image

30年以内に震度6弱以上の地震が起きる全国県庁所在地における確率が発表される

6月10日に政府の地震調査委員会が今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確 ...

no image

2016年の夏が猛暑の可能性で囁かれ始めた「2017年大地震発生説」

2016年の夏が猛暑の可能性で囁かれ始めた「2017年大地震発生説」 2016年 ...

no image

米国西部でM9地震を想定した大規模訓練が実施される「今後50年以内に75%」

米国で6月8日から大規模地震を想定した演習が実施される。 これは米国西部でマグニ ...

no image

2016年夏から緊急地震速報の精度改善へ、揺れの予測方法改良で

2016/06/03   -関連情報
 ,

気象庁が夏にも緊急地震速報の精度を改善させると朝日新聞が伝えている。 緊急地震速 ...

no image

巨大カルデラ噴火がもし起きれば2時間で700万人が亡くなることに

「富士山大噴火と阿蘇山大爆発」の著者である神戸大学教授が、富士山噴火の危険性と阿 ...

no image

首都直下地震の際、東海道新幹線が脱線する可能性が指摘される

大地震時の鉄道インフラにおける危険性を専門家が解説。首都直下地震の際に懸念される ...

no image

宮城県沖でM7.5地震発生間隔とされる30~40年が大震災で半分に短縮される可能性

宮城県沖で30~40年毎にM7.5程度の地震が発生するとされている間隔が、東日本 ...