161113shiga

宏観異常

2016年11月13日滋賀県でビワマスの遡上が確認される「50、60年ぶりかもしれない」

Pocket

 
滋賀県にある川で60年ぶりにビワマスの遡上が確認されたと京都新聞が報じている。


これは11月初旬、滋賀県甲賀市水口町の野洲川上流で大型のビワマスが遡上しているのが確認されたというもの。専門家によるとビワマスの遡上は「50、60年ぶりかもしれない」という珍しい現象だそうだ。

今のところ下流で魚道の改修や設置が進み水環境が改善されたのが要因ではないかと指摘されてはいるが、数十年ぶりということから不気味な印象を与える話題だと言えよう。

ビワマスの遡上が50から60年ぶりだったとした場合、前回の遡上の付近で関連する地震が起きていたかどうか見てみると、ざっと見たところ1948年の福井地震(M7.1)や1961年の北美濃地震(M7.0)といえるだろうか。前者は気象庁が震度7を制定するきっかけとなった地震であり、3,700人以上の犠牲者を出したことが知られているが後者も死者8人を記録した被災地震である。

また今回の遡上の舞台となった場所に近い位置には頓宮断層が横たわっており、政府の地震本部によると今後30年の発生確率は1%以下ながら、最大でM7.3程度の地震を引き起こす恐れがあるという。

更に、滋賀県甲賀市水口町の位置は上記画像の通りだが(GoogleMapより)、南海トラフ巨大地震との関係が気にある紀伊半島方面ではここ数日、気になる地震が発生している。

11月06日23:59 M2.5 震度- 紀伊水道
11月09日15:37 M2.7 震度1 紀伊水道
11月10日03:20 M2.5 震度- 和歌山県南部
11月11日13:53 M4.8 震度1 伊勢湾
11月11日21:17 M4.6 震度- 紀伊半島南東沖

尚、滋賀県に近い場所における地震の予測を続けている「地震予報」著者の串田嘉男氏が公開している最新情報によると、11月9日の時点で地震発生予測については「前兆完全終息を観測後推定予定」としており、その時期については11月13~16日としているため、当面の間は氏がどのような予測を公開してくるか、という点にも留意したほうがよいかもしれない。
 


 

関連URL:【京都新聞】60年ぶり? ビワマスが野洲川遡上 滋賀・甲賀の上流で確認 PHP新書「地震予報」フォローページ


「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket

-宏観異常
-, , , ,