181229-009紀伊水道で12月7回目の地震

紀伊水道で12月7回目の地震、昭和南海地震当月の8回に近づく


 
2018年12月29日の05:12に紀伊水道で再びM2.9・震度2の地震が発生、同震源における12月の有感地震数としては今回が7回目を記録した。地震発生数の多い紀伊水道だが、月に7回以上の事例は数えるほどしか無く、最多の8回を記録したのは昭和南海地震が起きた1946年であった。

 

12月下旬に紀伊水道で地震が増加

紀伊水道だけでなく日向灘でも既に5回の揺れを観測している12月に関しては既に南海トラフ周辺で地震相次ぐとして紹介しているが、和歌山県北部・南部や東海道南方沖などにおける地震が目立った12月前半に比較的静かだった紀伊水道で12月下旬になってから相次いで地震が発生している形である。

12月04日 M3.0 震度1 紀伊水道(41km)
12月23日 M2.5 震度1 紀伊水道(8km)
12月24日 M2.6 震度2 紀伊水道(4km)
12月24日 M2.7 震度2 紀伊水道(4km)
12月25日 M1.8 震度1 紀伊水道(4km)
12月28日 M2.8 震度2 紀伊水道(ごく浅い)
12月29日 M2.9 震度2 紀伊水道(10km)

地震活動が活発で有感地震発生数のかなり多い震源である紀伊水道だが、月に7回以上の地震を記録した月は1923年以降今回が8回目とかなり絞られる。

前回、7回以上観測されたのは2015年11月でその前は2010年12月。紀伊水道と言えども月に7回の揺れという頻度は注目に値すると言えよう。

特に、紀伊水道で月に8回と最も多くの有感地震が起きた2回のうち1回が昭和南海地震が発生した1946年12月であった点に照らせば、南海トラフ巨大地震との兼ね合いからも要注意と言わざるを得ない。
 

紀伊水道で月7回以上地震起きた例は

では紀伊水道で地震が頻発した際にはその後どのような強い地震に結びついていった事例があるのだろうか。

まず昭和南海地震が起きた1946年12月と同じ8回の揺れを記録したもうひとつの事例である1993年04月のケースでは直近の時期こそ静かであったが、7月にM7.8の北海道南西沖地震が、またその翌月の大隅半島東方沖M5.6を経て東海道南方沖M6.9へと繋がっていった。

次に2018年12月と同様、紀伊水道が月に7回揺れた5回のケースについてその後の地震を追跡してみると、2つの事例で気になる地震が起きていたことがわかった。

2004年06月に紀伊水道で7回の有感地震を記録した際、9月05日に三重県南東沖でM7を超える規模の地震が2回発生した紀伊半島南東沖地震が起きていた事例と、2015年11月に紀伊水道で7回の揺れを観測した後、2016年04月01日にこれも三重県南東沖でM6.5というM7クラスの強い地震が起きていた事例である。

また2010年12月に7回揺れた紀伊水道ではその2ヶ月前、10月にも6回の有感地震が記録されるなど東日本大震災前に目立っていたが、翻って今回、2018年はと言えば12月が7回であるのに加えて2018年11月にも紀伊水道では6回の地震が起きているのだ。

紀伊水道で月に7回以上の有感地震が起きた時期の前後には既に挙げた東日本大震災や2004年の紀伊半島南東沖地震だけでなく、2016年の熊本地震(M7.4)や2004年の新潟県中越地震(M6.8)、1993年の北海道南西沖地震(M7.8)、それに1983年の日本海中部地震(M7.7)など命名地震も複数あることから、南海トラフ以外の地域に関しても注意が必要と言えるだろう。
 
※画像は気象庁より。