161211sansoken

宏観異常

紀伊半島における深部低周波微動活動が12月9日から急増、4月1日の三重県南東沖M6.5以来の数値

Pocket

 
産業技術総合研究所が公開している地震データ・震源データ解析・表示において、紀伊半島の深部低周波微動活動が12月9日から急増している(画像は産総研Webサイトより)。


これは産総研のWebサイトに掲載されている、紀伊の深部低周波微動活動を示すグラフからの抜粋で、気象庁と産総研双方のデータである。

日付 気象庁 産総研
12月04日 000 000
12月05日 002 022
12月06日 000 000
12月07日 000 002
12月08日 000 006
12月09日 004 482
12月10日 --- 501

12月9日から急増していることがわかるが、このデータが注目される理由は4月1日に三重県南東沖で発生したM6.5の地震の際にも数値に異変があったためで、当時のデータはこうなっていた。

日付 気象庁 産総研
03月29日 000 000
03月30日 007 014
03月31日 060 050
04月01日 000 034
04月02日 032 533
04月03日 022 240
04月04日 001 090
04月05日 000 001

4月1日の三重県南東沖M6.5はその後南海トラフ巨大地震の予兆であったとする見方が支配的になっていることから、今回の異常も南海トラフ巨大地震と関係しているのではないかと不安を抱いてしまうのも致し方ないといえるだろう。

深部低周波微動活動に変化があった場合でも強い地震につながらないケースも勿論あるが、産総研の数字が500を超えたのは2016年4月2日と12月10日のみであるだけに暫く注視したいデータである。
 


 

関連URL:【WellWeb】最新データ表示システム


「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket

-宏観異常
-, , , ,