191015-009島根県東部と島根県西部で相次ぎ地震、今後の南海トラフは

島根県西部と島根県東部で相次ぎ地震、類似事例後の南海トラフ揺れは


 
2019年10月15日の未明から朝にかけて、島根県西部と島根県東部で相次いで地震が発生した。前日には周防灘でM4.0の地震が起きたばかりであったが、島根県東部と島根県西部がそれぞれ揺れ合った過去のケースでは、その後南海トラフ関連でM6クラスの地震へと繋がった事例も少なくなかった。

 

島根県東部と西部で相次ぐ地震

2019年10月15日03:48 M3.1 震度1 島根県西部(深さ約10km)
2019年10月15日06:43 M2.7 震度1 島根県東部(深さ約10km)

島根県西部で有感地震が観測されたのは10月08日のM2.5・震度1以来1週間ぶりで2019年としては今回が5回目。また島根県東部における有感地震としては07月08日のM2.8・震度2以来3ヶ月ぶりで今年3回目となる地震であった。

どちらも珍しいとは言えない揺れであったが、震源の深さが共に約10kmと同じであった点や震源の位置が近かった点から、2つの地震に関連性がある可能性は否定できない。

前日、10月14日の午後にはほど近い周防灘でM4.0の地震が起きたばかりであったことから、南海トラフ巨大地震前に増加する西日本内陸部における揺れに相当する今回の地震が気になる、という人も少なくないだろう。

今回の震源付近では目立った活断層は確認されていないが、他の震源に影響を及ぼす可能性はあるのだろうか。
 

島根県東部と島根県西部が連動したケースとその後の南海トラフ地震

1922年以降、島根県東部と島根県西部の両方で24時間以内に有感地震が発生していた10の事例についてその後の傾向性を追跡してみると、南海トラフに関係する可能性のある震源でM6クラスの地震が起きていたケースが6例あった。

1~1.5ヶ月程度の間に大分県南部M5.6・震度3や宮崎県北部山沿いM6.0・震度4、それに日向灘M5.6・震度3や三重県南東沖M5.5、駿河湾M6.2・震度5弱といった地震が記録されていた他、最も最近2つの震源が揺れあった事例であった2018年04月23日の際にも、やはりM6.1・震度6弱の大阪府北部地震へと繋がっていったのである。
 

※画像は気象庁より。