191019-010父島近海M5.4

父島近海でM5.4、有感の深発地震としては10年ぶり


 
10月19日04:15に父島近海でM5.4・震度1の地震が発生した。父島近海でM5を超える有感地震が起きたのは1年半ぶり、深さ300kmを超える位置における深発有感地震としては10年ぶりであった。

 

2019年10月19日04:15 M5.4 震度1 父島近海(深さ約440km)

父島近海において震度1以上の有感地震を観測したのは10月08日のM3.9・震度1以来11日ぶりで2019年としては今回が8回目。

M5を超える有感地震としては2018年04月のM5.3・震度2以来1年半ぶりとなり、深さ300kmを超える場所で有感地震を記録した事例としては2009年05月01日のM5.5・震度1まで10年間遡る必要があることから、今回の父島近海M5.4は比較的珍しい地震だったと言えよう。

伊豆・小笠原でM5以上の地震が発生する可能性についてはシグナルが出ていた。09月16日の硫黄島近海M5.4の地震の際、過去の事例6例中5例でその後伊豆・小笠原M5以上へと繋がっていたのである。

また、硫黄島近海以降、伊豆・小笠原でM5~M6クラスが頻発していた事例も複数に達していたことから、引き続きの地震活動にも注意すべきだろう。
 

※画像は気象庁より。