2019年11月26日アルバニアM6.4から24時間の余震

アルバニアM6.4から24時間の最大余震はM5.4、北側でも珍しい地震


 
2019年11月26日の日本時間11:54にアルバニアで発生した地震による被害が拡大していると伝えられている。現地ではこれまでに犠牲者が20人を超えたとの報道もある中、M6.4発生から24時間でM5を超える余震が目立っているだけでなく、北側のボスニア・ヘルツェゴビナでもM5.4の地震が起きている。

 

11月26日のM6.4以降、24時間以内に発生したM4.5以上の地震はアルバニアで6回、また南側のギリシャでM4.6が起きている他、北側のボスニア・ヘルツェゴビナでもM5.4の地震が観測されている。

11月26日11:54 M6.4 アルバニア(深さ約20km)
11月26日11:59 M5.1 アルバニア(深さ約10km)
11月26日12:03 M5.3 アルバニア(深さ約10km)
11月26日13:49 M4.6 ギリシャ(深さ約35km)
11月26日15:08 M5.4 アルバニア(深さ約10km)
11月26日16:27 M4.8 アルバニア(深さ約10km)
11月26日18:19 M5.4 ボスニア・ヘルツェゴビナ(深さ約10km)
11月26日22:05 M4.9 アルバニア(深さ約10km)
11月27日02:19 M4.7 アルバニア(深さ約10km)

ギリシャは地震の多い地域であるが、ボスニア・ヘルツェゴビナにおけるM5超えは比較的珍しい。ボスニア・ヘルツェゴビナでM5を超える地震が前回発生したのは2005年09月のM5.1と14年間遡る必要があるためだ。M6以上は1996年09月のM6.0が最後と20年以上も起きていない。

アルバニアとすぐ北にあるモンテネグロの国境付近ではモンテネグロ側でM6.9の強い地震が1979年04月に記録された例もあるだけに、モンテネグロの北側、ボスニア・ヘルツェゴビナでも今回M5.4が観測されたことから、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、それにアルバニアの一帯における地震活動をしばらくの間注視していく必要があるだろう。
 

※画像はU.S. Geological Surveyより。