2019年12月07日福島県沖M4.7・震度3

【NewsFlash】福島県沖でM4.7・震度3の地震、茨城県震度4の連発で周囲への波及懸念ある中で


 
2019年12月07日12:34に福島県沖でM4.7・震度3の地震が発生した。茨城県で震度4が連発した際にはその後福島県や千葉県でのM5以上へと繋がっていた事例が多いことから、注意が必要だ。

 

2019年12月07日12:34 M4.7 震度3 福島県沖(深さ約40km)

福島県沖で有感地震が観測されたのは11月18日のM3.3・震度1以来19日ぶりで2019年としては今回が60回目。

地震活動が活発な福島県沖では2017年に1回、2018年には起きなかったM6.0以上の地震が今年は既に03月11日のM6.0・震度308月04日のM6.4・震度5弱と2度発生しており、強い地震が増加している。

12月03日の茨城県南部M4.7・震度4と12月04日の茨城県北部M4.9・震度4が起きた際、過去の事例から茨城県で震度4が連発した際にはその後福島県や千葉県といった茨城県周辺でM5以上へと連なっていたケースが多かったと紹介していたことから、当面の間は注意が必要がある。
 

※画像は気象庁より。