• 国内地震
  • 国内M4.5(M5クラス)以上地震。小規模地震はNewsFlashをご覧下さい。
2019年12月07日北海道東方沖M4.3・震度1、続く千島海溝沿い地震

北海道東部・千島海溝沿いで続く揺れ今度は北海道東方沖でM4.3・震度1の地震


 
北海道でまた地震。今度は12月07日16:51に北海道東方沖でM4.3・震度1が発生した。12月07日に根室半島南東沖や根室地方中部でそれぞれ有感地震が記録されている他、12月04日以降北海道東方沖付近ではM4を超える規模の地震が7回起きていた。千島列島では12月05日にM5.8のM6クラスが発生したばかり。

 

北海道東方沖付近で12月04日以降8回目の地震

2019年12月07日16:51 M4.3 震度1 北海道東方沖(深さ約30km)

北海道東方沖で有感地震が観測されたのは11月23日のM5.4・震度3以来2週間ぶりで2019年としては今回が12回目。

前回の11月23日M5.4も深さ34km、震源位置も今回のすぐ北側であったことから今回の地震が余震である可能性は否定出来ないが、ここ数日北海道東方沖付近では地震が相次いでいる。

USGSによると今回のM4.3のすぐ東側に当たる場所で、12月04日以降これだけのM4以上地震が発生していたのだ。

12月04日08:25 M5.2 北海道東方沖付近(深さ約10km)
12月04日19:50 M4.5 北海道東方沖付近(深さ約21km)
12月05日10:29 M5.0 北海道東方沖付近(深さ約10km)
12月05日00:06 M4.4 北海道東方沖付近(深さ約10km)
12月05日13:17 M4.8 北海道東方沖付近(深さ約10km)
12月05日17:49 M4.9 北海道東方沖付近(深さ約10km)
12月06日07:52 M4.4 北海道東方沖付近(深さ約10km)

周辺でも相次ぐ有感地震

また周辺でも地震活動が活発化しはじめている。12月05日には千島列島でM5.8・震度1と釧路地方中南部M4.1・震度2が、12月07日には根室半島南東沖M4.1・震度2、根室地方中部M3.1・震度1と有感地震が目立っているのである。

千島列島で有感地震が記録されたのは21ヶ月ぶり、根室半島中部における震度1以上は13ヶ月ぶりであるなど久しぶりの地震も含んでいる今回の地震活動だが、今後更に強い地震が北海道東部から千島海溝沿いにかけての一帯で発生する恐れも拭えない。

11月23日の北海道東方沖M5.4・震度3の時、過去の事例から「5例中4例で北海道付近におけるM6クラス以上へと繋がっていた」と紹介したところ12月05日に千島列島M5.8が起きたことから今回の北海道東方沖M4.3においても似た傾向を示す可能性がある他、千島列島M5.8においても、過去の事例8例中5例でその後M6クラス以上が、またそのうち2例ではM7クラス以上の地震へと連なっていったからである。
 

※画像は気象庁より。