2019年12月11日千島列島付近とオホーツク海南部付近で相次ぎ地震

【NewsFlash】千島列島付近とオホーツク海南部付近でM5.1とM4.2の地震が相次ぎ発生


 
2019年12月11日の夜、千島列島付近とオホーツク海南部付近でM5.1とM4.2の地震が相次いで発生した。

 

2019年12月11日19:12 M5.1 震度- 千島列島付近(深さ約35km)
2019年12月11日20:54 M4.2 震度- オホーツク海南部付近(深さ約424km)

気象庁は今のところ、これらの地震による震度1以上の揺れを発表していない。

千島列島付近M5.1の震源近くでは11月14日にM4.6の地震が深さ約53kmで起きていた他、北東側では12月05日にM4.9の地震が深さ約53kmで、また11月23日にもM4.6の地震が深さ約67kmの地点で観測されていた。

オホーツク海南部付近M4.2の震源付近では2018年11月02日に深さ487kmでM6.1・震度2の地震が発生していた。

北海道東部から千島列島にかけての一帯では12月04日以降地震が目立っており、12月05日にはM5.8・震度1が今回より南西側の深さ30kmで起きていた。
 

※画像はU.S. Geological Surveyより。