2019年12月13日山梨県東部・富士五湖4ヶ月ぶり地震とその後の南海トラフ

山梨県東部・富士五湖で4ヶ月ぶり地震、直近で南海トラフM5以上多い場所で


 
2019年12月13日23:20に山梨県東部・富士五湖でM2.5・震度1の地震が発生した。今回の震源付近が揺れた際には、その後短時間の間に南海トラフ関連M5以上に繋がっていた事例が多かった。

 

2019年12月13日23:20 M2.5 震度1 山梨県東部・富士五湖(深さ約20km)

山梨県東部・富士五湖で有感地震が観測されたのは08月13日のM2.8・震度1以来4ヶ月ぶりで2019年としては今回が5回目。

今回の震源は神奈川県との県境付近であり1983年にM6.0、1976年にもM5.5を記録した場所のすぐ近くであったが、浅い震源で発生したM5未満の小規模な地震であった事例についてその後の発震状況を追跡してみると、短期間の間に南海トラフ関連でM5以上の地震が起きていたケースが多かった。

該当事例7例中、1ヶ月以内に南海トラフ関連におけるM5以上地震に繋がっていたケースが6例だったのである。

3週間後の伊勢湾M5.0・震度3や11日後の日向灘M5.3・震度4といった事例の一方で、3日後の大隅半島東方沖M5.1・震度2や2日後の高知県東部M5.6・震度3、また6日後の熊本県球磨地方M5.4・震度3及び翌日の紀伊水道M5.0・震度2と短期間の間に地震に繋がっていた事例が少なくなかったのだ。

7例中6例で1ヶ月以内の南海トラフ関連M5以上、に加えそのうち4例は1週間以内に発生していたことから、内陸部を含めた南海トラフ関連に注意が必要だろう。
 

※画像は気象庁より。