• 国内地震
  • 国内M4.5(M5クラス)以上地震。小規模地震はNewsFlashをご覧下さい。
2019年12月18日鳥島近海で再び地震、伊豆・小笠原海溝沿いM4.4

鳥島近海付近で2時間前に続く地震、伊豆・小笠原海溝沿い・数日前の連発震源近くで


 
USGSによると12月18日05:05に鳥島近海付近でM4.4の地震が発生した。今回の震源は2時間前より東側、伊豆・小笠原海溝沿いで数日前にM5.9をはじめとする中規模地震が連発していた場所に近かった。

 

2019年12月18日05:05 M4.4 震度- 鳥島近海付近(深さ約10km)

今回の地震による震度1以上の揺れを現在までに気象庁は発表していない。

鳥島近海付近では約2時間前の02:53にもM4.4の地震が起きていたが、今回の震源は東に離れた伊豆・小笠原海溝沿いであり、震源の深さも02:53の約395kmに対し約10kmと浅かった。

今回の震源付近では12月11日から14日にかけて、同様の浅い震源でM4.5を超える地震が5回発生したばかりで、伊豆・小笠原海溝沿いにおける地震増加が目立っていた。

12月11日02:05 M5.9 震度- 鳥島近海付近(深さ約14km)
12月11日02:29 M5.2 震度- 鳥島近海付近(深さ約14km)
12月12日08:38 M4.7 震度- 鳥島近海付近(深さ約10km)
12月12日12:33 M4.9 震度- 鳥島近海付近(深さ約10km)
12月14日03:39 M4.6 震度- 鳥島近海付近(深さ約3km)

注目されるのは02:53のM4.4近くで12月11日の03:38にもM4.5の地震が起きていた点である。上記5連発の時期と重なっており、今回は約2時間の間に再び、西側の深い震源と海溝沿いの浅い震源が共に揺れ合ったからである。

12月11日以降、日本列島では12月11日18:39に福島県沖でM5.2・震度3が起きた他、宗谷地方北部で12月12日にM4.2・震度5弱の強い揺れ、そして12月14日には伊豆大島近海でM4.3・震度3の地震と続いていった。

伊豆・小笠原海溝の北側では12月16日に千葉県東方沖でM4.3・震度3が発生すると1時間弱で今度は八丈島東方沖付近でM4.6の地震へと繋がるなど、ここ数日地震が目立っていた。 
 

※画像はU.S. Geological Surveyより。