2019年12月18日トカラ列島近海で2回の地震

【NewsFlash】トカラ列島近海で2回の地震、連発は今年4度目その後起きた地震は


 
2019年12月18日16:26と18:16にトカラ列島近海でM2.9・震度1とM3.2・震度1の地震が相次いで発生した。

 

2019年12月18日16:26 M2.9 震度1 トカラ列島近海(深さ約10km)
2019年12月18日18:16 M3.2 震度1 トカラ列島近海(深さごく浅い)

トカラ列島近海で有感地震が観測されたのは11月26日のM1.6・震度1以来3週間ぶりで、2019年としては18回目と19回目の地震であった。

2度の地震は震源位置がほぼ同じであり、付近では11月に複数回の揺れを観測していた。

トカラ列島近海では地震が連発するケースも多く、2011年02月から03月の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生までに25回もの地震が続いたことでも知られている。また平成28年熊本地震の直前にも9回の地震が相次いでいた。

2019年にトカラ列島近海で24時間以内に2回以上の地震が起きていた事例はこれまでに3回。01月05日に2度の地震が発生した際には3日後に種子島近海でM6.0・震度4が、11月03日と04日、それに11月06日に2回揺れた時にはその後11月22日に日向灘でM5.2・震度3の地震が観測されていた。

12月18日08:35に沖縄本島近海で起きたM5.0・震度4の地震は深さ40kmであった。
 

※画像は気象庁より。