2019年12月18日沖縄本島近海M5.1・震度4の地震

【NewsFlash】12月18日沖縄本島近海M5.0・震度4の地震、マグニチュードが上方修正に


 
2019年12月18日08:35に沖縄本島近海で発生した震度4の地震におけるマグニチュードが上方修正された。

 

気象庁の震度データベースによると、12月19日の沖縄本島近海M5.0・震度4の地震はM5.1・震度4となった。約40kmとされていた深さは47kmとなった。

2019年12月18日08:35 M5.1 震度4 沖縄本島近海(深さ47km)

震源付近ではこれまでのところ目立った余震活動は起きていないが、12月18日の夕方から夜にかけてトカラ列島近海でM2.9・震度1とM3.0・震度1の地震が発生した他、12月20日の05:28には種子島近海でM4.5・震度2の地震が観測されている。

沖縄本島近海における過去の類似事例では、2日後にM7.3・震度7の兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)が起きていた例をはじめ、翌日宮古島北西沖でM5.5・震度2が発生したケースや1週間後に石垣島近海でM5.5・震度1が記録されていた例など南海トラフ付近や琉球海溝沿いで直近の強い地震へと繋がっていた事例が複数確認されているのは沖縄本島近海M5.1・震度4の際に紹介した通りである。
 

※画像は気象庁より。