• NewsFlash
  • 国内M5クラス以上、海外M6クラス以上地震は国内地震・海外地震をご覧下さい。
2019年12月22日渡島地方北部M4.0・震度3、5年3ヶ月ぶりの地震

【NewsFlash】北海道・渡島地方北部でM4.0・震度3、5年3ヶ月ぶりとなる地震


 
2019年12月22日14:24に渡島地方北部でM4.0・震度3の地震が発生した。渡島地方北部としては5年3ヶ月ぶりの有感地震であった。

 

2019年12月22日14:24 M4.0 震度3 渡島地方北部(深さ約10km)

渡島地方北部で有感地震が観測されたのは2014年09月15日のM2.9・震度1以来5年3ヶ月ぶり。

1922年以降、これまでにわずか10回しか震度1以上を記録してこなかった場所であることから、非常に珍しい地震が起きたと言える。これまでの最大は震度4を観測したのが2008年01月13日のM4.1・震度4で、M5.0に達していたのが1929年01月のM5.0・震度1と1929年08月のM5.0・震度2。

今回の震源から南東側には函館平野西縁断層帯が南北に走っており、M7.0~M7.5の規模の地震が30年以内にほぼ0~1%の確率で発生するとされている。

今回の震源付近ではこれまで、2012年10月のM1.4・震度1と2013年02月のM2.0・震度1という2度の地震を記録してきたが、これらについてその後の発震状況を追跡したところ、周辺の震源で2ヶ月以内のM5以上は起きていなかった。
 

※画像は気象庁より。