• 海外地震
  • 海外M5.5(M6クラス)以上の地震。M5.4以下はNewsFlashをご覧下さい。
2019年12月24日カナダでM6.0が連発

カナダでM6.0の地震が連発、07月に続くカスケード沈み込み帯沿いで


 
2019年12月24日日本時間04:49と05:56にカナダでM6.0の地震が2回相次いで発生した。近くでは07月にもM6.2が起きていた他、2018年10月にはM7クラスが3連発していた。前回の地震後には日本でも太平洋プレート沿いでM6.4・震度5弱の地震が観測されていた。

 

カナダではM6.0に先立って、数十分前にもM5.7、数時間前にはM5.2がそれぞれほぼ同じ場所で発生していた。

2019年12月24日01:44 M5.2 カナダ(深さ約10km)
2019年12月24日04:13 M5.7 カナダ(深さ約10km)
2019年12月24日04:49 M6.0 カナダ(深さ約10km)
2019年12月24日05:56 M6.0 カナダ(深さ約10km)

震源は太平洋に面したカナダ南西部の沖合で、ファンデフカプレートの北部であったと見られる。

今回の震源の北側、同じファンデフカプレートでは2019年07月04日にもM6.2の地震が深さ約10kmと同程度で起きていた。

また南側では2018年10月22日にM6.5・M6.8・M6.5とわずか1時間の間にM7クラスが3連発していた事例がある。

これらの地震が注目を集めたのはファンデフカプレートの東側に北米プレートに沈み込むカスケード沈み込み帯が存在しており、M9クラスの地震を引き起こし得るためだ。

前回の巨大地震は1700年で、数百年間隔で発生すると考えられている。

2019年07月に今回の地震から比較的近くで発生したM6.2の際、過去の類似事例において「8例中7例で2ヶ月以内に太平洋プレート沿いに当たる千島海溝から日本海溝、それに伊豆・小笠原海溝沿いでのM6クラス以上に繋がっていた」と指摘したところ、07月30日に八丈島東方沖M5.9・震度3、08月04日に福島県沖でM6.4・震度5弱、08月24日に再び福島県沖でM5.6・震度3、そして08月29日に青森県東方沖でM6.1・震度3と日本における太平洋プレート沿いでM6.4を含む4回のM6クラスが起きていた。
 

※画像はU.S. Geological Surveyより。