2019年12月25日アルゼンチンM6.0の地震

【NewsFlash】アルゼンチンでM6.0、北部内陸部の500km超える深発地震


 
2019年12月25日日本時間01:43にアルゼンチンでM6.0の地震が発生した。500kmを超える内陸部の深い震源で、これまでにもM7.0を超える大地震が複数回起きてきた場所であった。

 

2019年12月25日01:43 M6.0 アルゼンチン(深さ約560km)

世界で発生したM6.0以上の地震としては12月23日のカナダM6.0以来1日ぶりで、2019年としては今回が141回目。また12月としては9回目であった。

今回の震源はアルゼンチンの北部内陸部で、付近では過去にも今回同様の500kmを超える深い場所で多くの地震が記録されてきた。

2000年04月と2011年01月にはM7.0、1991年06月にはM7.3とM7.0を超える規模の大地震も観測されており、最近では2013年02月に今回の震源から南側でM6.1の地震が発生していた。

アルゼンチン南部のチリ国境付近では2019年09月にM6.1の地震が起きていたことから、今回の地震はアルゼンチンとしては今年2度目のM6.0を超える規模であった。
 

※画像はU.S. Geological Surveyより。