2019年12月26日宮城県沖M4.6・震度3の地震

【NewsFlash】宮城県沖でM4.6・震度3、21日の二度の有感地震より南側に当たる位置で


 
2019年12月26日18:26に宮城県沖でM4.6・震度3の地震が発生した。宮城県沖では12月21日にも2度の有感地震が起きていたが、今回の震源はこれらより南側に当たる場所であった。

 

2019年12月26日18:26 M4.6・震度3 宮城県沖(深さ約50km)

宮城県沖で有感地震が観測されたのは12月21日のM4.0・震度1以来5日ぶりで、12月としては今回が4回目。

12月21日にはM3.9・震度1とM4.0・震度1の地震がそれぞれ45kmと44km、今回に近い深さで起きていたが、震源の位置はいずれも今回より北側であった。

今回の震源に近い位置で発生した地震としては、最近では04月12日のM3.4・震度1(深さ49km)や05月27日のM3.7・震度1(深さ53km)、それに09月19日のM3.7・震度1(深さ約53km)がある。

また2011年や2012年ではM5を超える規模の地震も見られていた。前回も紹介した通り宮城県沖ではM5を超える地震が2018年10月26日のM5.7・震度4以来1年2ヶ月、M6以上は2015年05月13日のM6.8・震度5強以来4年半起きていない。

2019年これまでの最大Mは05月05日のM4.7・震度2で最大の揺れは03月07日のM4.6・震度4であった。
 

※画像は気象庁より。