• 国内地震
  • 国内M4.5(M5クラス)以上地震。小規模地震はNewsFlashをご覧下さい。
2020年01月03日千葉県東方沖M5.9・震度4、最近10年の正月地震傾向

2020年正月に強い地震、3が日のM6クラス以上は8年ぶり、昨年は熊本で震度6弱


 
2020年01月03日未明、3が日の日本列島で千葉県東方沖M5.9・震度4の地震が発生した。国内では昨年も01月03日に熊本県熊本地方で震度6弱の地震が起きていた他、過去10年で01月03日までにM5.0以上あるいは震度4以上の揺れが観測されていたのは10例中8例にのぼっている。

 

2011年以降の10年間、01月03日までの有感地震発生数は最大が2012年の31回であったが、2020年は01月03日の05:00までに5回となっており、今のところ過去10年で最少のペースとなっている。

正月01月03日までの有感地震発生数
2011年 11回
2012年 31回
2013年 18回
2014年 22回
2015年 17回
2016年 16回
2017年 19回
2018年 09回
2019年 17回
2020年 05回(01月03日05:00まで)

一方、01月03日までにM5.0以上あるいは震度4以上の揺れが日本列島を襲っていたのは10例中、今回を含め8回。

2019年には01月03日に熊本県熊本地方でM5.1・震度6弱という強い揺れが記録されていた。

また規模の大きな地震が起きていた例としては2012年01月01日14:27の鳥島近海でM7.0・震度4の大地震が挙げられる。この年は他にも新潟県中越地方でM4.2・震度4、茨城県沖でM5.0・震度2と強い地震が目立つ年であった。

今回の千葉県東方沖M5.9・震度4の地震は3が日におけるM6クラス以上の地震としては2012年以来8年ぶりとなる。

千葉県東方沖では2014年01月02日にもM5.0・震度3の地震が起きたことがある。

2011年以降、3が日にM5.0以上あるいは震度4以上の地震が発生していたのは他に2011年01月03日の新潟県下越沖M4.7・震度4、2015年01月01日の苫小牧沖M4.5・震度4、2016年01月03日の硫黄島近海M5.3・震度1、2017年01月03日の三重県南東沖M5.0・震度2。

更に、2010年以前に正月に起きていた地震としては1984年01月01日の三重県南東沖M7.0・震度4が挙げられる。

また正月を過ぎてから強い地震が発生した例も多数ある。1995年01月17日の兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)M7.3・震度7や1945年01月13日の三河地震(M6.8・震度5)など1月中旬に大規模な被害を伴う地震が起きた例がある他、1995年01月07日の岩手県沖M7.2・震度5や1993年01月15日の釧路沖地震(M7.5・震度6)。

関東地方でも1978年01月14日の伊豆大島近海M7.0・震度5や1924年01月15日の丹沢地震M7.3・震度6が起きていた。
 

追記:【NewsFlash】01月03日の千葉県東方沖M5.9はM5.8・震度4に、秋田県沖M4.6はM4.8に

※画像は気象庁より。