2020年01月15日茨城県沖M3.8・震度2の地震

茨城県沖で再び地震、前日より北西の内陸寄り同じ深さでM3.8・震度2


 
2020年01月15日08:19、前日に続く茨城県沖での地震が発生した。M3.8・震度2で震源の位置は14日のM4.9・震度3よりも北西側の内陸寄りであった。茨城県における14日からの地震はこれが4回目で、いずれも深さ50kmで起きている。

 

2020年01月14日04:53 M5.0・震度4 茨城県南部(深さ約50km)
2020年01月14日13:25 M4.9・震度3 茨城県沖(深さ約50km)
2020年01月14日16:40 M3.2・震度1 茨城県南部(深さ約50km)
2020年01月15日08:19 M3.8・震度2 茨城県沖(深さ約50km)

茨城県では01月14日の茨城県南部M5.0・震度4茨城県沖M4.9・震度3以降も16:40に再び茨城県南部でM3.2・震度1の地震が発生していた。

茨城県南部で起きた2度目の地震はM5.0・震度4と震源の位置はほぼ同じだったとみられるが、15日午前に観測された茨城県沖における2度目の地震は前日のM4.9・震度3とは震源の位置が異なっている。

北西側の内陸寄りで発生したことから、茨城県では深さ50km前後の広い範囲で地震が起きている形であり、今後の地震活動を注視していく必要が更に増したと言える。

茨城県沖では14日のM4.9・震度3震源から北に当たる場所、今回のM3.8・震度2より東側付近でも震度1未満の地震が同程度の深さで14日から数回発生している。
 

※画像は気象庁より。